「ハッピーメールって有名だし登録してみたいけど、詐欺があるって聞いたことがある」

「安全なのか危険なのか、口コミや評判だけじゃいまいち判断できない」

このように、出会いが欲しくて出会い系サイト・アプリのハッピーメールに興味はあるけど、詐欺被害にあうのが怖くて中々登録まで踏み出せないという人は多いでしょう。

実際私も、もう15年以上前の話になりますが、初めて出会い系サイトに登録した時は怖かったので使い捨てできるメールアドレスを用意したりなどかなり準備万端にしてから臨んだ記憶があります。

出会い系を使ったことがない人にとって、出会い系ってやっぱりあやしいというか、いかがわしいイメージがありますもんね?

そんなあなたにまず安心して欲しいのが、ハッピーメールは法令に則って営業している安心安全の出会い系サイト・アプリだという点です。

ですので、少なくともあなたがハッピーメールの運営に騙されたり、詐欺にかけられたりする心配はありません。

しかし、ハッピーメールという出会い系自体は安全ですが、ハッピーメールを利用しているユーザー全員が信用できる人間かというと、残念ながら違います。

要は、ユーザー同士のトラブルという形で、あなたが詐欺被害にあう可能性はゼロではないということです。

例えば「男女の仲になりたい」とあなたに迫って、気を許した瞬間にあなたから金銭や個人情報を盗んでいく……なんてこともある訳です。

そこで!

ハッピーメールで詐欺に合わないために、あなたが安心して出会いを探せるように、本記事では「出会い系詐欺」というテーマに焦点を当ててお話をしたいと思います。

さらにおまけの情報として、詐欺を働く不正ユーザーを見分けると同時に、善良な一般の女性ユーザーを見分ける方法などもお教えしちゃいます。

あなたをご案内するのは、この道15年のベテランネットナンパ師であるこの私ですので、ぜひ大船に乗った気持ちで本記事を読み進めていただければ幸いです。

目次

  1. 安全のために、ハッピーメールで実際に起こった詐欺の事例を知ろう!
  2. ハッピーメールで詐欺被害に合ってしまった時の相談窓口は?
  3. 詐欺被害を避けつつハッピーメールを使う方法
  4. ハッピーメールにいる素人女性の見分け方
  5. 安心しよう!ハッピーメール自体は法令を遵守した健全な出会い系

安全のために、ハッピーメールで実際に起こった詐欺の事例を知ろう!

敵を知り己を知れば百戦あやうからず、ということわざを聞いたことがあると思います。

今回の話で言えば、実際の詐欺の事例を知っておけば、万が一自分がその状況に立たされた時に冷静に判断ができるぞってことです。

という訳で、ハッピーメール内での安全を確保するために、まずはハッピーメールではどんな種類の詐欺が行われているのか、その実例を利用者の口コミを交えながら紹介していきましょう。

ハッピーメール詐欺事例① キャッシュバッカー

キャッシュバッカー

危険レベル:★☆☆☆☆

キャッシュバッカーとは、ハッピーメールのキャッシュバックシステムを利用して小遣い稼ぎをしている人のことを指します。

ハッピーメールでは基本的に女性は無料で使えるのですが、それに加え、男性とやり取りをするとマイレージポイント(MP)と呼ばれるポイントを貯めることができます。

例えば男性が女性のプロフィールを見てそこからメールを送ると2MPがもらえ、そのメールに女性が返信するとさらに2MPをもらうことができます。

その外にも動画や画像を投稿することでMPを稼ぐことができます。

このMPは1MP=1円として換算され、3000MP以上貯まれば画像の右上にあるように現金として銀行口座に振り込んでもらえたり、アマゾンギフト券に変えることもできます。

そのため、このMPを目的にハッピーメールで活動をしている人もいます。

ただ、1通のメールで2円しか貯まらないというのは、本気で稼ごうとするとかなり効率が悪いというのが分かってもらえるかと思います。

ですので、MPを目的にハッピーメールで活動している人自体はあまり多くないでしょう。

またキャッシュバッカー自体にそこまで危険性はありません。

せいぜい数百円程度を無駄に消費させられる程度です。

とはいえ、お金と時間の無駄であることに変わりはないので、避けられるならしっかりと回避したいですよね。

なので例えば、もし相手が会話を不自然に長引かせようとしていると感じたら警戒が必要かもしれません。

よくあるのは連絡先を聞くと「個人情報を教えるのは怖い」「会った時に教える」などの言い訳をしてはぐらかされるパターンです。

過去の私の経験ですが、待ち合わせの約束まで取り付けたのに当日になって急にドタキャン&音信不通になる……なんてこともありました。

もちろん一般女性でも同じようなことは起こるかもしれませんが、何度も連絡先やデートを断られていつまでも会えそうにないなら、どちらにしろ脈はありません。

すぐに切り替えて新しい女性へ気持ちを向けるようにしましょう!

※その気持ち、とてもよく分かります(´;ω;`)ウッ…

ハッピーメール詐欺事例② 年齢詐称

異種族レビュアーズ OP
※この中だとセンターにいるミツエさんが一番年下かも……?(出典:TVアニメ「異種族レビュアーズ」オープニング)

危険レベル:★☆☆☆☆

ハッピーメールでは会員登録時に年齢確認は行っているものの、プロフィールの年齢自体はユーザーが自由に決められるようになっています。

そのため、年齢詐称もやろうと思えば簡単にできるんですね。

実際ハッピーメールで様々な女性のプロフィールをチェックしていると、プロフ画像は明らかに30代なのに20代前半と書かれていたり、40代以降なのに、30代、20代と書かれている、なんてこともあります。

もちろんこんな風に大幅な年齢詐称をしている女性はごくわずかですし、これをやるのは基本的に一般女性なので、そこまでの危険性はありません。

なお、写真や画像の加工アプリを使ってシワやシミを消して年齢をごまかそうとする人も中にはいますが、そういった偽装は明らかに不自然さが残るので、写真を注意して見ていれば意外と簡単に見分けることができます。

ハッピーメール詐欺事例③ 個人情報回収詐欺

危険レベル:★★☆☆☆

ハッピーメールに限らず、出会い系をやっていると、必ずメッセージの1通目や2通目でLINEのIDやメールアドレスを聞いてくる女性に遭遇します。

しかし、これは女性に成りすました業者(=不正アカウント)です。

この業者は個人情報を回収して別の業者に売ることを目的としています。

そのため、個人情報を渡してしまうと大量の迷惑メールが来たり、架空請求をされたりと、次々と新たな詐欺を仕掛けられてしまいます。

流出した個人情報自体に対した価値がなくとも、その後の相手の攻め方やあなたの対応次第では新たな被害を招くことにもなりますので、十分注意しなければいけません。

具体的な対策は後程詳しくご紹介しますが、基本的にほとんどやり取りをしていない状態なのに女性側からLINEのIDやメアドを聞かれた場合、絶対に教えないということが原則だと思ってください。

また、危険な出会い系サイトへ登録させる勧誘詐欺なども、最近では最初にLINEのIDやメールアドレスを聞いて、その連絡先からサイトへ誘導されることが多くなっています。

何にせよ「初手から連絡先交換」というのは出会い系においては悪手ですので、手軽に出会えそうだと思っても心にブレーキをかけて踏みとどまりましょう。

※通報すると光の速さで対応してくれるのがハッピーメール運営の凄いところですね。

ハッピーメール詐欺事例④ 待ち合わせ詐欺

危険レベル:★★☆☆☆

待ち合わせ詐欺とは、女性と直接約束を取り付けたとき、あなたのせいで会えなかったと難癖をつけてお金や個人情報を要求される詐欺のことを言います。

こういった詐欺では、「○日○時○○で会おう」と約束するまでは普通にやり取りができます。

ただ、実際に待ち合わせ場所に赴いても、その女性の姿は影も形もなく、連絡もなぜか取れなくなります。

その後、大抵は翌日以降に連絡が取れるようになるのですが、その時相手の女性は

「私は待ち合わせ場所に行ったのに会えなかった!あなたに騙された!」

「これは出会い系詐欺だと感じたのであなたを訴える!訴えられたくないならお金を払え!」

「あなたの行為はモラルに反する!訴えるから住所と電話番号を教えろ!」

などと、明らかな言いがかり、難癖をつけて脅してきます。

要はあなたを詐欺師に仕立て上げて示談金を要求する詐欺ということですね。

しかし、よく考えてみれば、一般の女性が一度待ち合わせできなかっただけでこんなことを言ってくるなんてあり得ませんよね?

そして当然ですが、この手の相手にお金を払ったり個人情報を渡したりしなくても大きなトラブルに発展することはありません。

こういった詐欺は無視をするのが一番ですので、絶対に相手にしないでくださいね。

ハッピーメールで、会う約束をした女性がいるのですが、約束をすっぽかしてしまいました。

この方とは、2万で体の関係で、会う約束をしていました。

しかし、今日、約束をすっぽかしたのは詐欺罪ですよ?退会されているみたいですが、こちらには記録が残っています。この間出会い系に関する法改正がされて被害届を出させてもらいます。とのメールが来ました。(既にメアドは交換済みです。)

バカバカしかったんでメールを消してしまいました。

これって、詐欺罪じゃないですよね?

出典:ハッピーメールについての質問です。 Yahoo!知恵袋

上の例を読んでいて混乱するかもしれませんが、本当になぜそういう理屈になるのか分からない完全な言いがかりなのでそれも当然でしょう。

私もこういった詐欺があると聞いた時、「何言ってるか本当に分からない」と感じました(笑)

ハッピーメール詐欺事例⑤ 写真詐欺

危険レベル:★★☆☆☆

写真詐欺には「プロフ画像と別人」「プロフ画像よりブス」の2パターンがあります。

この時に特に注意しなければいけないのは「プロフ画像と別人」のパターンです。

プロフ画像と別人

女性と直接会う時に、プロフィール画像とは似ても似つかない別人がやってくるパターンがあります。

この時の「別人」とはプロフィール画像よりもブスというものではなく、骨格からして全くの別人という意味です。

これはいわゆる援デリと呼ばれる業者である可能性が高いので警戒しましょう。

援デリとは、スタッフが出会い系のアカウントを使って男性を呼び出し、そこへ女性を派遣してセックスをさせ、終わった後にスタッフが表れてお金を要求してくる業者のことを言います。

また、援デリ以外にも、セックスをする前に男性が登場してお金を要求するような美人局などのケースもありますね。

この場合スタッフが使っているアカウントは、男性をたくさんおびき寄せるためにモデルやアイドルのようなかなり美人の画像を使っています。

しかし、派遣される女性はもちろん全く関係のない人のため、待ち合わせには全くの別人が現れるというわけです。

そのため、待ち合わせにプロフィール画像と全く違う人物が現れた場合はすぐにその場から離れるようにしましょう。

プロフ画像よりブス

一方、一般女性はプロフィール画像をアプリで加工して綺麗にしていることがかなり多くあります。

これは程度の差こそあれ、そこそこ可愛い子でも結構やっていますね。

そのため、時々直接会った時に、プロフィール画像の何倍もブスな女性が来ることがあります。

こちらは援デリなどとは違い、プロフィール画像の面影がそこはかとなく残っていたりします。

この写真詐欺を見破る方法としては、加工を元に戻すアプリもいくつか存在しています。

これは「加工 元に戻す アプリ」などのワードで検索をすれば結構ヒットするので確認してみてください。

ただ、このアプリは正確には「元の画像を予想して加工しているアプリ」であるため、本当の顔が確実にわかるわけではありません。

ですので、このアプリも「本当はこれぐらいブスかも」など参考程度にとどめておくのがおすすめです。

ちなみに画像加工アプリ「snow」などに代表される、犬猫の耳や鼻・ひげが付いているプロフィール画像はかなり美人に加工できるので、特に注意が必要です。

ハッピーメール詐欺事例⑥ 外国人詐欺

白人の女性二人

危険レベル:★★☆☆☆

女性ユーザーの中には、自分は外国人だと偽る人もいます。

そういった人物は

「日本に来るための飛行機代・ビザ申請代・保険などでお金がかかる、でもお金がないから会いにいけない……」

と訴え、同情や下心を利用してお金を送ってくるように要求してきます。

しかし、ハッピーメールは多国語対応のような海外向けのサービスは提供していません。

したがって、日本国内にいる外国人ならともかく、海外在住の外国人がわざわざ選んでハッピーメールを使うということは考えづらいのです。

ですので、海外に住んでいる外国人が接触してきたら警戒し、お金を要求されたら詐欺確定ですので、やり取りを中止し運営に連絡するようにしましょう。

唐突な話ですが三月初旬に、僕はハッピーメールというサイトで登録をしていて、そこで僕のプロフィールにいいね!を送ってくれた女性がいました。

その女性とメルアドを交換し!それから一月余りメールのやり取りをしていたら、その女性がロシアからの女性で、インターネットを通じてほかの国の出会い系サイトに掲示板を出しているみたいなのです!

(長いので中略)

僕はその女性の方が好きになったので、女性の旅費を負担してあげようと思っています!

この事について、まず、相手の事を信じるべきなのでしょうか?

出典:日本の銀行からロシアの銀行に Yahoo!知恵袋

ハッピーメール詐欺事例⑦ 援交詐欺

交渉する女性と財布を出す男性

危険レベル:★★★☆☆

援デリ業者以外にも「割り切り」と呼ばれる女性は注意が必要です。

割り切りは、援デリとほとんど流れは一緒なのですが、一般女性がお金目的で個人的に行っている活動のことを言います。

そのため、アカウントはその人自身が使っており、セックスの後にスタッフの男性が登場することはありません。

多くの女性は直接会う前に「ホ別2でどうですか?」などと金額の交渉をしてきます。

「ホ別2」とは「ホテル代とは別に2万円」の略で、直接会う前にこう言った用語が出てきたら割り切り女性だと考えてください。

「素人が相手でそれぐらいの金額だったらいいかな……」

と思う人もいるかもしれませんが、素人だからと油断するのは危険です。

素人の女性でも、中には先にお金を受け取って行方をくらませたり、シャワーを浴びている間に財布やカバンを奪って逃げるようなタチの悪い人たちもいます。

むしろ素人だからこそ、そういう突拍子もない犯罪行為を行ってしまうのかもしれませんね。

もちろん全員がそんな女性ではありませんが、盗みをする様な女性かどうかを事前に見分けるのはほとんど不可能です。

ですので、割り切りの女性と会う場合も、信用できるまでは全員に用心するよう心がけてくださいね。

※これ実際にやられたら底知れないダメージを食らいそうですね……。

ハッピーメール詐欺事例⑧ 勧誘詐欺

危険レベル:★★★☆☆

勧誘詐欺には、直接会った時に勧誘されるパターンとネット上のやり取りで勧誘されるパターンがあります。

直接勧誘されるパターン

まず、やり取りをしている時は普通だけど、デートの約束をして初めて会った時に勧誘されるというパターンがあります。

この時に勧誘されるのはマルチ商法や宗教などが多いです。

よくあるのが、待ち合わせの場所で合流した後に喫茶店やファミレス連れていかれ、もう1人勧誘役の人と合流し、その後二人がかりで勧誘を勧められるというパターンです。

こういったケースは待ち合わせ場所にきちんと女性が出向いて来ますし、女性とのやり取りの内容や直接会った時の印象も普通の女性と変わらないので、事前に察知するのは中々難しいですね。

なので、もし直接会った時に少しでも違和感があったり、途中で知らない人と合流したりした場合は、すぐにその場を離れて運営に連絡をするようにしましょう。

個人的におすすめなのは、そういう輩に出会ってしまった時は本当にダッシュで逃げることです。

勧誘してくる相手は「獲物を逃げられない心境に追い込む」ことは得意ですが、「逃げた獲物を追いかける」のは案外苦手なんです。

なので本気ダッシュで逃げれば大抵の場合追いかけてきません。

というか相手の立場からしても、下手に追いかけて「強盗だ!」とか叫ばれれば厄介ですからね。

警察沙汰にしたくないのはあなたではなく相手の方なので、「これは勧誘詐欺だ!」と思ったら速攻で一目散に逃げ出しましょう。

ネット上で勧誘されるパターン

勧誘は、ネット上のやり取りで行われることもあります。

この場合は、別の危険な出会い系サイトへの登録を勧誘されることが多いです。

しかし、ここで誘導されるのは100%サクラしかいない詐欺サイトや、メール1通が数百円もするぼったくりサイトです。

ですので、「私はもうこっちのサイトでしか活動しないけど、あなたとはずっとやり取りしていきたいから……」なんて甘い言葉で誘惑されても、絶対に登録しないでくださいね!

LINEで何通か会話をした後に顔写真を交換しようと女性側からメッセージが届き送ることになりました。

女性側はなぜか携帯の容量が足りないのでLINEのノートにURLを乗せそこに飛んで行けば写真が見れると促されました。

そこに飛ぶと、いかにも怪しそうなサイトで写真を見ようとすると登録する必要がある旨の説明が出てきました。

出典:出会い系での事についての質問です。 Yahoo!知恵袋

※上手く連絡先を交換できたと思ったら勧誘詐欺だった……なんてケースもあるようですね。

ハッピーメール詐欺事例⑨ 美人局(ハニートラップ)

肩をはだけて挑発するセクシーな女性

危険レベル:★★★★☆

美人局と一言で言っても、実際の脅迫にはいくつかのパターンがあります。

例えば、女性とセックスする様子を音声や写真として残され、それをネタとしてゆすられることがあります。

妻子のある男性であれば「不倫した事実を妻や会社にばらすぞ」、独身であれば「実は相手の女性は18歳未満だった(≒訴えるぞ)」などと言って脅すわけです。

また、セックスが終わってから相手の女性が「レイプされた」と被害届を出し、示談金を要求してくるパターンなどもあるようですね。

美人局による詐欺の厄介なところは、実際にセックスをしてしまってから発生するという点で、状況によっては対応が難しくなる場合があります。

ですので、相手に信用の置けない内は、メールやLINE、写真といった物的証拠をなるべく残さないことで自衛するようにしてください。

※県知事の件が美人局だったのかどうかは当事者にしか分かりませんが、手切れ金の少なさに腹を立てた女子大学生側がマスコミにリークしたと私個人は予想してます。

ハッピーメール詐欺事例⑩ 昏睡強盗

危険な薬物

危険レベル:★★★★★

援交詐欺のように、シャワーを浴びている間にカバンを盗られる以外にも強盗被害に遭うことがあります。

よくあるのが昏睡強盗で、文字通り男性が寝ているすきに盗みを働くことを指します。

大抵はセックスが終わった後、男性が寝ている時や、女性が飲物に薬を仕込んで無理やり眠らせて金目の物を奪っていくこともあります。

男性を眠らせ人目に付かないところで盗みを働くため、大半はホテルの中で起こります。

ちなみにラブホテルで女性が1人で出てくると怪しまれることがあるため、ビジネスホテルなど普通のホテルで被害が起こることが多いそうです。

まあ、ここまで行くと詐欺ではなく100%完璧な強盗ですので、めったに遭遇することはありません。

とはいえ、やはり相手が信用できない内は、所持物を必要最低限にしておくなど自衛をしておくことをおすすめします。

ハッピーメールで詐欺被害に合ってしまった時の相談窓口は?

もし詐欺の被害にあってしまった場合は以下の場所に相談することができます。

  • ハッピーメールの運営
  • 全国警察相談窓口、または最寄りの警察署
  • 法テラス
  • 国民生活センター(消費者生活センター)

まずハッピーメールで起こった問題については、以下のメールアドレスまたは電話番号に連絡をしましょう。

【ハッピーメールサポート窓口】
メールアドレス support@happymail.co.jp
電話番号 0570-010-199

これは、24時間365日対応しているハッピーメールが公式で行っているサポートシステムです。

ハッピーメール内で起こったトラブルであれば運営も積極的に相談に乗ってくれますし、サイト内のやり取りなど物的証拠が残っていればアカウントの凍結など相手にペナルティなどを与えることもできます。

美人局や援交詐欺などで、実際に金品や持ち物を奪われた場合は全国警察相談窓口か最寄りの警察署へ相談しましょう。

【全国警察相談窓口】
電話番号(シャープ+4桁の専用電話) #9110

もし、何らかの理由で警察への相談がためらわれる場合は、それぞれの市町村で無料法律相談ができる場所がありますので、「(住んでいる地域) 無料法律相談」などで検索をかけましょう。

場所がたくさんありすぎて分からないという場合は、法テラスと呼ばれる、自分がどんなところに相談へ行けばいいか相談に乗ってくれる窓口がありますので、そちらへ電話をしてみてください。

【法テラス相談窓口】
ホームページ https://www.houterasu.or.jp/
電話番号 0570-078-374

ネット上で受けた被害については、全国にある国民生活センターや消費者生活センターに相談しましょう。

直接出向いて窓口で相談することもできますし、電話で相談することもできます。

【消費者生活センター相談窓口】
ホームページ http://www.kokusen.go.jp/
消費者ホットライン(3桁の特殊番号) 188

もし直接窓口で相談したり、電話で相談するのがためらわれる場合は「PIO-NET」というシステムで、自分と似たような被害事例がないかどうかを検索することができます。

この「PIO-NET」は消費者生活センターなどに寄せられた被害相談を集めたデータバンクのことで、消費者生活センターや国民生活センターに機械が設置されており、誰でも検索することができます。

詐欺被害を避けつつハッピーメールを使う方法

リスク回避

もちろん、相談する場所が分かっていても、被害は受ける前に回避したいものですよね?

というわけで、次に被害に遭わないためにどのような対策をすればいいのかについてみていきましょう。

  • 登録後すぐ届くメッセージに応じない
  • アダルト掲示板は避ける
  • 性的な関係を求めてくる女性は無視
  • お金持ち・人生充実アピールしているアカウントには近寄らない
  • 連絡先の交換はこちらから持ち掛ける
  • グーグルで画像検索をする
  • 直接会うときは下準備をする

詐欺を回避する方法① 登録後すぐ届くメッセージに応じない

ハッピーメールに限らず、出会い系では登録してまだプロフィールも作っていない段階で女性からメールが届きます。

しかしそれは100%業者なので絶対に返信してはいけません。

画像はハッピーメールのものではありませんが、このようにファーストメッセージで長々と身の上話を語ってくるような人は特に注意が必要です。

ただ登録後すぐは、業者と一般女性との見分けはできないと思います。

ですので、ハッピーメールに慣れて業者と一般女性が見分けられるようになるまで、自分からアピールする以外の女性に返事をしないように決めておくと安心です。

詐欺を回避する方法② アダルト掲示板は避ける

あなたがセフレ作りやワンナイトを目的にハッピーメールに登録する場合、すぐに出会いが求められる掲示板に向かいがちです。

掲示板では自分から「こういう人を求めてます、こういう場所で遊びたいです」というような内容を書き込んで返信をもらったり、書き込みをした人に返信を送たりすることができます。

そのため、掲示板ではその性質上よりすぐに出会いたいという人達が書き込みをしたり、返信を送ったりしているので、セフレ作りやワンナイトの相手を探しやすくなっているんですね。

特にその中でもアダルト掲示板はジャンルのタイトルが「大人の恋人関係」「刺激的な出会い」など、かなりあからさまな名前が付けられています。

このようにアダルト掲示板は目的がはっきりしてる分、業者がターゲットとしている男性を捕まえやすく、業者の巣窟となっているんです。

そのため、アダルト掲示板に掲載している女性は全員業者と考え、使用は極力避けるようにしましょう。

詐欺を回避する方法③ 性的な関係を求めてくる女性は無視

ろくにやり取りもしないうちから、メッセージで「すぐに会いたい」「体を慰めてほしい」などと性的な関係を求めてくる女性も基本的に業者と考えていいでしょう。

こういったアプローチをしてくるのは援デリ業者や美人局などを企む人たちが多いですね。

しかし、一般女性がほとんどやり取りしない状況で、このように性的な関係を求めてくることはまずありえません。

ですので、メッセージで性的なアプローチをされているなと感じたら、やり取りを中止するのがおすすめです。

補足:割り切り女性の存在にも注意

ちなみに割り切り女性の場合も、援デリや美人局と同じようにすぐに性的な関係を持ってお金を請求しようとしてきます。

割り切りは一般女性が行う援助交際なので、援デリや美人局ほどの危険性はありませんが、それでもシャワーを浴びている間に金品を盗まれたりなど強盗に合う可能性はゼロではありません。

常に自衛の心構えを持ち、万が一にも詐欺被害に遭いたくないのであれば避けたほうがいいでしょう。

詐欺を回避する方法④ お金持ち・人生充実アピールしているアカウントには近寄らない

マルチ商法や宗教を勧誘してくる人たちは、自分のアカウントを使って金持ちアピールや人生が充実してるアピールをしていることが多くあります。

これは勧誘をする役である自分がお金持ちになったり、幸せになったりしていないと説得力がなくなってしまうからです。

具体的な例として、お金持ちアピールであれば高級外車や高級時計と一緒に撮影した自分の写真、もしくは画像のような海外リゾートに行っている写真をプロフィール画像に載せたりします。

人生が充実しているアピールの場合は、日記機能で愚痴などが一切なく異常なくらい幸せに満ち溢れている生活の様子がつづられていることが多いですね。

このように明らかなアピールがされているアカウントは危険ですので、絶対に近づかないようにしましょう。

詐欺を回避する方法⑤ 連絡先の交換はこちらから持ち掛ける

先ほども紹介したように個人情報の回収業者や悪質な出会い系に登録させてこようとする業者は、大体がメッセージの1、2通目でこちらの連絡先を聞いてきます。

これは余計なやり取りをしていると業務の効率が悪くなるからですね。

しかし、一般女性は基本的にハッピーメールを無料で使うことができるので、自ら積極的に連絡先を聞いてくることはほとんどありません。

ですので、連絡先は自分から提案したときのみ交換すると決めておけば、業者には引っかからずに済みます。

また、相手の女性とは最初何度かやり取りを行い、本当に連絡先の交換を持ち掛けても大丈夫かどうかチェックしましょう。

ちなみに、怪しいURL(大抵は悪質な出会い系や詐欺サイトへのリンク)が送られて来ることもあるので、うっかりそのURLを踏んでしまわないことも大切です。

もしURLが送られてきた場合は、勧誘目的でアカウントを使っているという証拠になるので、即刻運営に連絡してアカウントを凍結してもらいましょう。

詐欺を回避する方法⑥ グーグルで画像検索をする

アカウントが業者かどうかというのは、グーグルで画像検索すれば分かることもあります。

まず前提として、プロフィール画像がアイドルやモデルのような美人は100%業者と考えましょう。

なぜなら、こんな美人はリアルでも男をよりどりみどり、選び放題なので出会い系をやる必要がないからです。

ただ、そこそこ可愛いプロフィール画像の人でも業者の可能性はあります。

しかし、そこそこ可愛い人は一般女性ユーザーでも普通にいるので、パッと見では区別が付かないこともあります。

このように、判断に迷う場合は画像のようにプロフィール画像を左クリック(スマホの場合が画像の長押し)し、「Googleで画像を検索」をしましょう。

もし画像を検索した結果、同じ画像が別の場所でも使われている場合は別人によるなりすましの可能性があります。

ただ、これも例えば画像のどこかに1つスタンプを付けるだけ、などほんの少しでも画像を加工されてしまうと、検索の精度が落ちてしまいます。

ですので、画像検索の結果も参考程度に考えてくださいね。

ちなみに、プロフィール画像が1枚しか掲載されていない場合も業者の可能性は高いです。

これは、なりすましをしている場合、同じ人の別の写真を用意できないというのが理由です。

ただ、現在ではSNSなどで自分の写真をたくさん投稿できるため、同一人物の違う写真を用意しやすい環境になってきていますので、これも参考程度に考えてください。

詐欺を回避する方法⑦ 直接会うときは下準備をする

詐欺は相手の女性と初めて会う時が一番危険です。

ですので、会う前にできるだけ以下の下準備をすることをおすすめします。

  • 逃げ道を確保する
  • 所持品とお金は最低限にする

逃げ道を確保する

先ほど紹介したように、美人局や援デリではバックに男性がついている場合があります。

ですので、少しでも不審な点がある女性と会う場合は、常に逃げ道を確保しておきましょう。

なぜなら、私たちは女性だけであればいくらでも抵抗はできますが、自分よりも強い男性ではそうはいかないからです。

そうなれば、大人しく金銭を渡さなければいけなかったり、抵抗して怪我をしたりする可能性だってあります。

なので例えば、画像の様に待ち合わせ場所はなるべく人の多い場所にしたり、人気の少ない道は通ったりしないなど、直接会う前に場所を下調べしておくと安心です。

ちなみに使う店やホテルも男性主体で決めるのもおすすめです。

そうすることで、交番など自分が安全になれる場所を確保しやすくなりますよ。

所持品とお金は最低限にする

相手の女性と初めて会うときは、カバンなどの所持品は極力少なくし、現金も最低限に抑えておくのがおすすめです。

そうすることで、まず強盗に遭った時に最小限の被害に抑えることができます。

ちなみに、忘れがちですが持ち物以外にも高級な腕時計やブランド品など、高価なものは同じように盗まれる危険性がありますので、これらも外しておきましょう。

そのほか以下の行動を意識するのもおすすめです。

  • シャワーは必ず一緒に浴びる
  • 女性からもらった飲食物を食べないようにする

これらを徹底することで荷物の持ち逃げや昏睡強盗などの被害を事前にかなり防ぐことができますのでぜひ参考にしてみてください。

ハッピーメールにいる素人女性の見分け方

2人の若い女性

これまでの項目で業者に対する対策はばっちりですが、では逆に素人の女性はどうやって見分ければいいのでしょうか?

それは以下の4つのポイントで見分けることができます。

  • アダルトお断りの人
  • 使用端末がPC以外の人
  • メッセージを送っても返事がない
  • 連絡先の交換に中々応じない

素人女性の特徴① アダルトお断りの人

一般女性というのは、業者とは逆にアダルト目的の人を毛嫌いする傾向にあります。

そのため、例えば自己紹介欄で「援助目的の人はメッセージしないでください」「体目的の人は募集してません」などはっきりとアダルト目的の人を断っている人は一般女性の人の可能性が高いと考えていいでしょう。

逆に言えば、自己紹介で「エッチが大好き」「人妻なので割り切ったお付き合いのできる人を募集しています」と性的アピールをしている人は業者の可能性が高いですので、警戒が必要です。

また、ハッピーメールのプロフィールにある「興味あること」という項目もチェックしましょう。

この項目は「遊び友達」「メル友」「恋人」など、自分の興味がある関係性を選択できるようになっています。

この興味のあることでは「大人な交際」「変態プレー」「SMパートナー」などアダルトな項目もあるため、これらの項目にチェックが入っている人も要注意です。

素人女性の特徴② 使用端末がPC以外の人

ハッピーメールではプロフィールにある「ライフスタイル」の項目で相手の女性がハッピーメールを使っている使用端末をチェックすることができます。

この使用端末はスマートフォン・iPhone・PCの3パターンがあり、スマートフォンとiPhoneは素人が多く、PCは業者が多い印象があります。

PC使用者に業者が多い理由は2つあります。

1つは仕事としての効率を上げるためにパソコンで活動をしていることが多いから。

そしてもう1つは、今の時代に女性が使うならPCではなくスマートフォンが主流だからです。

ですので、普通の女性を探すのであれば使用している端末の種類に着目するようにしましょう。

なお、この使用端末は運営側が自動で表示するもので、他のプロフィール項目のように自分で変更はできないため十分に信用できる情報です。

素人女性の特徴③ メッセージを送っても返事がない

ハッピーメールに限らず、出会い系で女性にメッセージを送ると、なかなか返事が来ないことがあります。

出会い系に慣れていない男性は、これを業者と勘違いしがちですが、実はこれは出会える一歩手前のところまで来ているという証拠なのです。

どういうことかと言うと、もし仮にあなたがメールを送った相手がサクラや業者だったなら、そのメールは高い確率で返事が返ってくると思いませんか?

業者にとって自らメールを送ってくる男性ユーザーはまさに「良いカモ」なので、下手したらメールを送った数風後には「エッチしましょう!」みたいな返事が返ってくるんですね。

しかし一般女性の場合は違います。

女性は出会い系では1日に少なくても10通以上、多ければ50通以上ものメールを受け取っています。

出会い系という場所は完全に女性有利の売り手市場なんですね。

そんな場所ですから、もちろん女性もこれらの大量のメール全部に返事をしている時間はないので、気になった相手だけに絞ってメッセージを返しています。

この2つの事実から、業者をうまく避けられている人ほど返信率は下がるものなんです。

ですので、もしあなたがハッピーメールを使っていて「女性から返信が来なくなった」と感じたら、それは上手く業者を避けられている証拠です。

出会いまであと一歩のところまで来ているんだと考えて、ポジティブに活動していきましょうね!

安心しよう!ハッピーメール自体は法令を遵守した健全な出会い系

ここまで詐欺被害の事例や詐欺を未然に防ぐ方法などをご説明してきましたが、ハッピーメール自体は法令を遵守した健全かつ安全な出会い系サイトおよびアプリである点を改めてお伝えしておきます。

業者のような不正アカウントが多いので危険な出会い系のように思えますが、それは結局それだけハッピーメールが人気の出会い系であることの裏返しなんです。

人気だから男女問わず一般ユーザーが集まり、一般ユーザーが集まるからそれを狙って業者が集まる。

これは出会い系というサービスの仕組み上、もはや防げないものなんですね。

ですが上の方ですでに説明した通り、危険な業者・不正アカウントというのは思いの外簡単に見分けがつきます。

性欲や金銭欲に目を眩ませずに理性的に行動していれば、ほぼ100%の確率で詐欺被害は防止できるんです。

私も15年以上、ハッピーメールを始めとしていくつかの有名出会い系サイトやマッチングアプリを使っていますが、これまで一度も警察沙汰になったことはありません。

ですので必要以上に恐れず、詐欺被害の原因と傾向をしっかりと覚えて安心安全にハッピーメールを使いましょう。

ハッピーメール公式 サービスポイント付き無料登録はこちら
ハッピーメール ハピメ happymail

おっぱいがおすすめする出会い系

おすすめ出会い系アプリ一覧はこちら、かわいい女の子と出会えるかも?