「ワクワクメールにはサクラがいるのか?」

「もしサクラがいるなら見分け方が知りたい」

あなたはこんな風に悩みながらサイトにへやってきたのだと思います。

実際、ワクワクメールに限らず出会い系には業者やサクラがたくさんいるという話をよく聞きます。

もし仮にそれらの業者やサクラに引っかかってしまえば、女性と出会えないだけでなく時間もお金も無駄遣いとなってしまいますね。

最悪の場合、何かの詐欺被害に合ってしまったり……なんてことも考えられます。

そのため、ワクワクメールにサクラがいるのか、いるとしたらどう見分けられるのか、というのは出会い系を使っている男性にとってはかなりの死活問題です。

では、本当にワクワクメールには業者やサクラが多いのか?安心して使うことはできないのか?

その不安を解決すべく、実際にワクワクメールにログインをして内部調査をしてまいりました!

ワクワクメールのユーザー分布や業者サクラの見分け方などを徹底的に解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

目次

  1. ワクワクメールの女性ユーザー種別とその分布
  2. 業者の見分け方、3つのポイント
  3. 業者に騙されないための対策
  4. 逆の視点で考える!一般女性の見分け方
  5. 業者がいるのは優良出会い系の証拠!?その理由とは
  6. 業者の見分け方が上手くなると女性からの返信がもらえなくなる?
  7. ワクワクメールがサクラを使わない理由
  8. 安全に使える出会い系サイト、マッチングアプリの条件
  9. 相手を疑い過ぎると損をするのはあなたかも!?

ワクワクメールの女性ユーザー種別とその分布

では、まずワクワクメールにはどんな女性ユーザーがいるかを説明していきたいと思います。

【ワクワクメールのユーザー種別一覧】
種別 特徴・目的 割合
業者 出会い系の運営企業とは全く関係ない個人や組織で、援デリ風俗といったグレーなものから、詐欺や勧誘でお金を稼ぐ悪質なものまで様々いる。
すぐにLINEのIDやメールアドレスを欲しがったり、すぐに会う約束を取り付けてくる。
援デリ業者は風俗嬢を男性に派遣してセックスの代金を回収すること、悪徳業者は悪質な出会い系サイトに登録させたり、お金儲けの話を持ちかけるなど、様々な手段でユーザーを騙して金を稼ぐことが目的。
79%
一般女性 純粋に男性との出会いを求めている女性ユーザー。
10通に1通ほどの割合でしかメールの返信が来ないので、かなり数が少なく感じるが実際は結構な登録者数がいる。
20%
キャッシュバッカー 男性とやり取りすることでもらえるポイントを換金することが目的の一般ユーザーで、運営とは関係がない。
とにかく会話を長引かせることが目的なので、LINEのIDなど連絡先の交換やデートを持ちかけてもはぐらかされて絶対に成功しない。
男性が女性を騙って活動しているケースもある。(いわゆるネカマというやつ)
1%
サクラ 出会い系の運営会社が雇ったアルバイトや社員。
一般ユーザーのふりをしてサイト内のコンテンツを使ってできるだけお金を使わせたり、サイトを退会されないように会話を盛り上げるのが目的。
キャッシュバッカーと同じで連絡先の交換やデートの取り付けをしようとしてもはぐらかされる。
0%

細かく分別すればまだ増えるかもしれませんが、基本的にはワクワクメールに限らず出会い系にログインしている女性ユーザーは上記の4種別のどれかに属すると思って良いです。

それではこれら4つの種別についてさらに詳しく見ていきましょう。

ワクワクメールのユーザー① 業者

ワクワクメールに登録している女性ユーザーの中で最も数が多いのが業者です。

厳密に調査した訳ではありませんが、実際にワクワクメールを使った体感としては、約8割が業者でした。

出会い系を使ったことのない男性にとってかなりがっかりしてしまう事実かもしれませんが、これは実際にワクワクメールを使ってもらえればすぐに実感してもらえると思います。

それくらいワクワクメールを含め、出会い系には業者がはびこっているんです。

一口に業者と言ってもいくつかの種類に分けることができます。

例えば「援デリ」と呼ばれる業者はいわゆる普通のデリバリーヘルスで、このアカウントとやりとりをするともれなく2~3万円ぐらいでデリヘル嬢とセックスできます。

一応のギブアンドテイクが成り立っているので業者の中では良心的と言えるかもしれませんが、出会い系内にいる援デリ業者はサービスの品質が悪いことが多いです。

ですので、これを相手にするぐらいなら普通に有名所のデリヘルを頼むか、ソープランドのような店舗型風俗店に行った方がマシです。

他にもメールアドレスやLINE IDといった個人情報を回収する業者や、架空請求などの悪意のある罠を仕掛けた別のサイトに誘導してくる業者、出会い系と全く関係のない怪しげなネットワークビジネスに勧誘してきたりするような危険な業者もいます。

ただし彼女ら(彼ら?)は、いわゆる「お決まりの手口」しか使ってこないため、見分け方をきちんと知っておけば必要以上に恐れることはありません。

業者というのは、どんな出会い系を使うにしても必ず関わってくる存在なので、しっかりと見分け方を覚えて上手に避けられる方法を身に付けましょう!

業者の見分け方についてはこの後の段落「業者の見分け方、3つのポイント」で説明しています。

ワクワクメールのユーザー② 一般女性

業者の次に多いのが一般女性です。

これはあなたと同じで、純粋に出会いを求めてワクワクメールに登録している女性のことを指します。

彼女たちの最大の特徴は、メールの返信を中々してくれないことにあります。

「出会いを求めて登録してるくせに何で返信を返さないんだよ」

と思うかもしれませんが、これは出会い系における男女比の偏りが原因なんです。

出会い系サイトやマッチングアプリといったサービスでは、基本的に男性ユーザーは女性ユーザーの2~2.5倍の数が存在します。

そうなると、必然的に女性ユーザーには男性ユーザーからのメールが殺到することになりますよね。

勿論女性によって人気の差はありますが、人気の少ない女性でも定期的に様々な男性からメールをもらってるのです。

しかし、そんなにたくさんのメールに一々対応していてはキリがありません。

そのため、女性はメールをもらった人のプロフィールを見るなどして、自分の気になる人にだけメールを返しています。

真剣に出会いを求めているからこそ、一般女性は誰にでも返事を返してくれる訳ではないんです。

ちなみに、ほぼ100%返信をくれる業者に対して、一般女性は10人中1人ぐらいしか返事が返ってきません。

そのため一般女性の体感人数は2~3%ぐらいに感じると思いますが、実際は結構な人数がいるので安心してください。

出会い系では、いかにして彼女たちからメールの返事をもらうかが、サクラや業者の見分け方と並んで私たち男性の大きな課題となっていますね。

ワクワクメールのユーザー③ キャッシュバッカー(CB)

出会い系サイトでは、女性が男性とメールをやり取りしたり、電話をすることでポイントが還元されるキャッシュバックシステムがあります。

ワクワクメールに限らず、優良な出会い系サイトでも基本的にはこのキャッシュバックシステムが備わっています。

キャッシュバッカーは、このキャッシュバックシステムを使って小遣い稼ぎすることを目的とした不正ユーザーです。

出会い系では性別を偽ることも簡単なので、男性が女性と偽って登録している、いわゆるネカマのパターンもあります。

キャッシュバッカーは業者と違い、一般ユーザーがアカウントを操作しているので、一般女性との見分けがつきにくいのが厄介なところです。

事実、私も過去に何度か本気で騙されたことがあります。

ただし、ワクワクメールのキャッシュバックシステムでは一回に3ポイント=3円しか還元されません。

これは時給換算にすると200円にもならないので、キャッシュバックの換金率としてはかなり低いです。

これでは本業はもちろん、副業でもほとんど稼ぐことができません。

そのため、出会い系ではキャッシュバッカー自体が定着しない傾向にあるので、実際にワクワクメールを使う際はあまり気にしなくてもいいでしょう。

ワクワクメールのユーザー④ サクラ

サクラは、出会い系を運営する会社に雇われたアルバイト・パートや、運営会社の社員が操作している偽の女性ユーザーのことを指します。

サクラも業者と同じように一般女性ユーザーを装って男性とやり取りを行うのですが、無駄にポイントを消費させることで出会い系の利益を最大化するのが目的です。

ただし、ワクワクメールにおいては企業の規模が、すでにサクラを使っても利益の拡大ができない大きさに成長しています。

なので、ワクワクメールにサクラはいませんし、サクラを気にする必要も全くありません。

なおこれは余談ですが、アプリレビューやインターネット上の口コミでは、業者やキャッシュバッカーをまとめて「サクラ」と言う人も多いです。

また、女性からメールの返信を一度ももらえなかったので「このアプリはサクラしかいない」みたいに言う人もどうやら多いようです。(返信がもらえない=男性を釣るために用意したハリボテのアカウント=サクラ!という思考回路のようです)

要は出会い系で上手く出会えなかった人が逆ギレ気味に「サクラがいる!」と大声を出している、それが「ワクワクメールにサクラがいる」という評判の真相なんですね。

ワクワクメールのサクラ事情については「ワクワクメールがサクラを使わない理由」の段落で解説しています。

業者の見分け方、3つのポイント

ではまず業者の見分け方ですが、これは大きく3つのポイントをチェックすれば見分けることができます。

  • プロフィール画像
  • 自己紹介文
  • メッセージの内容

それでは項目を1つずつ詳しくみていきましょう。

プロフィール画像

まずプロフィール画像をチェックしてみましょう。

業者のプロフィール画像でよくあるのが

  • 芸能人並みの美女
  • 高収入・セレブアピール
  • 写真が1枚しかない
  • 過度に露出した画像

などです。

この内の2つが当てはまるようであればほぼ100%業者です。

まず、最も多いのが芸能人並みに可愛いというパターン。

業者はなるべくたくさんの男性を集めるために、モデルの様な綺麗な女性をプロフィール画像に選ぶことが多くなっています。

白いシャツを着た黒髪の女性
※私の体感では黒髪で清楚な感じの美女がアニメ好きアピールとかしてたら、それはほぼ100%業者ですね。

中には自撮りしたような画像や、友達と一緒に写っている様な、一見業者に見えないようなプロフィール画像もあります。

しかし、今はインスタグラムなど自分の顔を普通に晒すようなコンテンツも多く、いくらでも他人に成りすますことが簡単なので、自撮り写真などでも油断しないように気を付けましょう。

次に多いのが、海外リゾートや高級車などのプロフィール画像にして高収入やセレブアピールをしているパターンです。

これは、詐欺や勧誘を目的とした業者に多いですね。

自信が高収入であることをアピールし、あなたもこんな生活を送れますよと詐欺や勧誘を行うわけですね。

もう1つ見分けのポイントとなるのが、プロフィール画像の枚数です。

業者は基本的に他人の顔写真を無断転用しているので、同じ人物の写真を複数枚用意することができないからです。

ただし、インスタグラムなどで同じ人物の写真を複数枚転用することなども可能なので、複数枚なら絶対安心というわけではありません。

これは1つの目安程度に考えましょう。

ワクワクメール 女性のプロフィール画面
※ワクワクメールでは上の画像の様に、プロフィール写真の枚数を写真のアイコンの横に「1」「2」と表示されていますので、確認してみてくださいね。

ちなみに、以前は極端に露出の高いプロフィール画像を使って男性にアピールをしている業者が多くいました。

これは美女の画像よりも、より露骨に色仕掛けをしているのですが、現在は捕まる男性が少なくなったのかあまり見かけません。

ただ、ゼロになったわけではないので、体の線を強調していたり、肌の露出が多いプロフィール画像のユーザーも避けるようにしましょう。

自己紹介文

自己紹介文やプロフィールの項目では、以下のポイントに注目してみましょう。

  • 「希望のタイプ」と「興味のあること」
  • 性的なニュアンスのある自己紹介文
  • アダルト掲示板に投稿している

プロフィールの項目には、相手の希望のタイプを記入できる項目があります。

この項目が例えば「20代前半~50代後半」と記入されていたり、体のタイプが「スレンダー~ぽっちゃり」などほとんどの人が当てはまるような内容になっている場合は業者である可能性が高いです。

ただ、最近では希望のタイプを「なし」にしている業者も多いようですね。

また、希望のタイプの下には「興味のあること」という項目があります。

これは「メル友」や「恋人」などその人が何のためにワクワクメールに登録したかを記入できます。

ワクワクメール 興味あること

この項目で、例えば画像のような「大人の交際」や「その他アダルト」などアダルト方面での興味があると設定している人も十中八九業者ですね。

自己紹介文でも同様に「体の関係を求めている」「寂しいから慰めて」「気持ちよくしてほしい」という様な、性的なニュアンスを感じさせる文章を書いている人はほぼ100%業者です。

ちなみに「甘えさせて欲しい」「頭をなでてほしい」など一見性的なニュアンスのない自己紹介文でも、男がついついメールを送りたくなるような、スキンシップを連想させる文章は業者であることが多いので、騙されないように注意してくださいね!

また、これらのプロフィールをチェックして特に問題がないと「この子は一般女性だ!」と安心してしまうかもしれませんが、ここで油断してはいけません!

これまでの項目が大丈夫だったとしても、最後にその女性が掲示板へ投稿していないかどうかをチェックしましょう。

詳しくは後ほど説明しますが、掲示板(特にアダルト掲示板)に投稿している女性ユーザーは基本的に業者です。

ですので、もしプロフィール画像や自己紹介文が普通だったとしても、アダルト掲示板に投稿しているのであれば警戒対象となりますのでご注意ください。

メッセージの内容

さて、プロフィールの画像も内容も問題がなかった場合、最後にチェックするのがメッセージの内容です。

メッセージの内容については、以下のポイントで見分けましょう。

  • すぐにLINEやメルアドを交換しようとする
  • すぐに会う約束を取り付けようとする
  • いきなり長文のメールを送ってくる

まず、メッセージを送ってよくあるのが、すぐにLINEやメルアドを交換してこようとするパターンです。

大抵は返信の1通目で「直接やり取りがしたいので」「ワクワクメールはもう退会するので」と言ってLINEのIDやメールアドレスを聞いてきます。

これはLINEのIDやメールアドレスの回収業者に多い傾向があります。

また、連絡先を交換してくる以外にも、「こちらをメインで活動しているので」と外部の悪質出会い系サイトに登録するよう誘導されることもありますね。

別サイトへの登録以外にも「今すぐに5万円を支払ってください」というような詐欺サイトに繋がってしまうようなこともあるので、外部サイトへのリンクが送られてきた場合は絶対に開かないようにしましょう。

連絡交換と同じように、以下の画像のようにすぐに会う約束を取り付けようとしてくる場合も要注意です。

ワクワクメール援デリ業者からの返信メール
※1回目の折返しメールから「エッチのお手伝い」「具体的な日程」と来ました。いくらなんでも積極的過ぎますね(笑)

特に「今日今から」「数日中にお暇な時間で」などなるべく早く出会おうとしてくれば100%業者でしょう。

これは、援デリ業者などの風俗業者に多いパターンですね。

業者も回転率を上げるため、無駄なやり取りを行わずすぐに約束を取り付けようとしてくるので、1通目2通目などよく会話もしない内に会おうと言って来たら注意が必要です。

「でも、プロフィールと同じような美人が来るならお金を払うのもありかも……」

と思ってしまう人もいるかもしれませんが、残念ながらそれもおすすめできません。

先ほども言ったようにプロフィール画像に使われているのは業者と全く関係のない人物です。

ですので、派遣されてくる風俗嬢はプロフィール画像とは全くの別人であることがほとんどなんです。

加えて、こういった出会い系にはびこる業者は違法に営業を行っている可能性があるので、風俗嬢がまともに性病検査を受けているかどうかも怪しいですね。

顔や接客のクオリティからしても正規に運営をしている風俗店の方が遥に高いので、こういった援デリの誘いを受けるのは絶対にやめましょう!

ちなみに、援デリが扮する女性ユーザーからは「私を支援してもらうために最初に2万円だけいただきたいです。でも2回目以降はお金は要求しません!」というような誘い文句を使ってくることもあります。

しかし、もちろん業者とのやり取りに2回目など存在しないので、最初に会った時にお金だけ巻き上げられて終わってしまいます。

ですので、こういった「最初だけ」「次回のホテル代にするから」などの甘い誘い文句には応じないようにしてくださいね!

ここまでは、あなたからメッセージを送ってきた場合に注意しなければいけないポイントに紹介してきましたが、もちろん女性から来るメッセージにも注意しなければいけません。

特に登録して最初の頃は特に出会い系に慣れていない場合も多いので、業者などのカモになりやすく、たくさんの業者からメッセージが来やすくなっています。

ちなみに登録して間もないうちはプロフィールを充実させなければ一般女性からの連絡はほとんど来ません。

ですので、特に出会い系でのやり取りに慣れていないという人は、プロフィールを充実する以前に届くメッセージは全て無視をするくらいでいいと思います。

始めは自分から積極的に掲示板に書き込んでいくのがおすすめですよ。

業者から来るメッセージの特徴としては、突然最初から画像の様な長文のメッセージが送られてくるというものがあります。

こういったメッセージでは、大抵はなぜ自分がワクワクメールに登録したか、そしてどういった関係性を求めているかという様な内容が延々とつづられています。

ワクワクメール 業者からの長文メール

ただ、大抵のメッセージには性的なニュアンスが含まれているので、もらったメールを読めば簡単に見分けはできます。

一般女性がメッセージをくれる場合は、基本的に「プロフィールを見て興味があり、メッセージしました!○○さんは今何していますか?」など、簡単な挨拶と質問程度で終わりますので、違いは分かりやすいと思います。

そちなみに、その後やり取りをしていくと、会話が成り立たなくなることもよくあります。

これは業者がテンプレートだけ使ってやり取りをしようとするからですね。

少しでも会話が変だなと感じたら業者を疑ってください。

もし怪しいけど判断に迷うという場合は、しばらくワクワクメール内でやり取りをしてみたり、後程紹介するワクワクDBを使ってみるのもおすすめです。

業者に騙されないための対策

さて、いくら業者を見分ける方法が分かっても、業者もあの手この手であなたを騙そうとするので、特に出会い系に慣れていない人は業者を避けるのが中々難しいかと思います。

そのため、次の項目では、業者の見分けがつかなくとも騙されないようになれる対策を5つご紹介していきたいと思います!

  • アダルト掲示板はなるべく使わない
  • 連絡先の交換は男性側から申し出る
  • 誘導されたら即通報
  • Google画像検索機能を使う
  • ワクワクDBを使う

アダルト募集掲示板はなるべく使わない

赤い下着の女性

まず、アダルト募集掲示板はなるべく使わないようにしましょう。

これは言うまでもないことですが、男はとにかく性欲に弱い生き物なので、性的な画像やフレーズをちらつかされるとつい引きずられてしまいがちです。

もちろん業者側もそれを十分承知しているので、即ヤリ目的のためにあるアダルト掲示板にはたくさんの業者が集まっています。

そのため、アダルト募集掲示板に書き込みをしている女性はほぼ業者だと考えて間違いありません。

逆に一般女性ほど、そういった即セックス!と意気込んでいるような男性は敬遠するので、アダルト掲示板に限らずアダルト系の機能は見向きもしません。

「でも女だってセックス目的で書き込むことはあるだろ?」

と思う人もいるでしょう。

もちろんセックスを目的とした一般女性もいないわけではありません。

しかし、そのほとんどはセックスで代金を要求してくる、いわゆる割り切りやパパ活など不純な動機を持つ女性です。

もしかしたらキャッシュバッカーや、単に発情した男性の間抜けなメッセージを見て暇をつぶそうとする冷やかしの場合もあるかもしれません。

これらの理由から、例えすぐにセックスがしたかったとしても、アダルト募集掲示板を使うのは全くの逆効果と言えます。

出会い系というものを熟知するまでは、なるべく使わないようにしましょう。

連絡先の交換は男性側から申し出る

まず、大前提として一般女性から連絡先の交換を申し出ることは基本的にありません。

なぜなら彼女らも、今のあなたと同じように出会い系でのトラブルを恐れているからです。

しかし業者はトラブルを恐れていない……というかあいつらがトラブルの元凶なので、積極的に連絡先を交換しようとしてきます。

そこが一般女性と業者との最大の違いですね。

ですので、連絡先の交換は必ずあなたから申し出るようにしましょう。

相手が一般の女性だったとしても、大抵はメール10通以内にそういった話を切り出せる雰囲気になるはずです。

もし仮に女性があなたより先に連絡先の交換を求めてきた場合は、状況にもよりますが大抵の場合は相手をブロックしてしまっても構いません。

「連絡先の交換は自分から」「連絡先の交換を求められた即ブロック!」この2つを徹底して守っていれば、業者に騙されることはありませんよ!

また万が一の予防策として、使えなくなっても問題ないようなサブのフリーアドレスやLINEを持っておき、ワクワクメールではそれを使うようにすると安心です。

サブのフリーアドレスはYahooメールやGmailなどで簡単に取得できますので、是非活用してください。

なお、連絡先の交換の方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

(参考) 出会い系のメッセージ・やりとりのコツ!返信率の高いメールの書き方とは?

誘導されたら即通報

もし業者とやり取りする中で、外部サイトやアプリへ誘導された場合は即刻通報しましょう。

業者も外部へ誘導するために色々ともっともらしいことを言ってきますが、普通の人はそんなこと絶対にしません。

私もワクワクメールを始めとする各種有名出会い系で多くの女性とやりとりしてきましたが、出会いにつながった女性の中で「こっちのサイト使って」「アプリ引っ越すから」みたいに言ってきた人は一人もいませんでした。

なので「外部へ誘導=100%業者」と考えてしまって良いでしょう。

通報する場合には、相手とのメッセージのやり取りを下にスクロールしていきます。

すると、相手のプロフィールなどの下に画像の様な項目があります。

ワクワクメール 通報する

この中の「サポートに通報する」をクリックし、規約に同意するだけで簡単に通報ができます。

ちなみに、この通報はワクワクメール外のやり取りについては対応してくれません。

業者側もこれを分かっているので、LINEやメールアドレスを交換した後に外部サイトへ誘導されることもありますので十分注意してくださいね。

Google画像検索機能を使う

プロフィール画像が本人の物なのかどうかを調べるには、「Google画像検索機能」が有効な場合があります。

画像検索を使うと、Googleで類似の画像がネット上で使われているかどうかを調べることができます。

ここでもしプロフィール画像と全く同じ写真が別のサイトで使用されていた場合は、相手は確実に業者でしょうね。

ただまあ、画像をGoogle検索にかけるのもやや手間がかかりますし、上で述べた「アダルト募集掲示板を使わない」「連絡先の交換は男性から」「外部サイトやアプリに誘導されたら即通報」を徹底していれば、業者の罠にはほとんど引っかからないようになっています。

また最近では、写真にスタンプ加工をして画像検索しづらくするなど業者側の余計な工夫も入ってきているため、画像検索については「どうしても疑わしかった時に念の為やってみる」程度で大丈夫です。

ワクワクDBを使う

ワクワクDBトップページ
※ワクワクDBのトップページ。ガラケー時代のレトロなWebサイトって感じがしますね。

ワクワクメールには、「ワクワクDB(データベース)」という非公式の情報共有サービスが存在します。

これは会員制のサイトで、実際にやりとした異性の情報を閲覧・投稿することができます。

ここに悪い情報が載せられていれば、業者などの可能性が高く、逆に情報が載せられていなければ一般女性の可能性が高くなる、というわけです。

ワクワクメールの会員であれば誰でも登録することができ、相手のIDやプロフィールのURLを入力するだけで情報をチェックすることができるので、とても便利な機能です。

ちなみに、相手のIDはWeb版にある相手女性のプロフィールのURLの末尾に表示されている8桁の英数字です。

プロフィール検索からだと「http://550909.com/m/serch/profile/?rid=8桁のID」というように表示されています。

Web版、というかパソコンを使い慣れていないとやや取っ付きにくいサービスですが、あなた以外の実際のユーザーの生の書き込みが見られるので、こちらも気になるようでしたらチェックすると良いでしょう。

ワクワクDBの使い方、注意点

ただしワクワクDB内での検索は、初期ユーザーは10回までと制限されています。

もし10回以上検索をしたい場合には、あなた自身が実際に体験した内容を5件以上ワクワクDBに登録しなければいけません。

古き良きインターネットではギブアンドテイクが当然のこととされていて、ワクワクDBもそういった時代に作られたサービスなので、あなた自身もワクワクDBに貢献しないと満足に使わせてもらえないのです。

逆の視点で考える!一般女性の見分け方

これまでの項目では業者などの見分け方や対策についてお話してきましたが、果たして大事なのはそれだけでしたっけ?

本当に重要なのは「あなたが一般の女性と出会えるか」ではありませんでしたか?

仮に10回業者に引っかかったとしても11回目で理想の出会いをゲットできればそれは勝ちですし、逆に一度も業者に引っかからなかったけれど出会いも見つからなかったってなればそれは負けと同じですよね?

という訳で少し視点を変えまして、出会い系における一般女性の動き方や特徴、その見分け方をお教えしましょう!

こちらが送ったメッセージに対して返信がない

メールの返信が来ない

一生懸命に考えて送ったメール・メッセージに対して返信がないと

「この女は業者(サクラ)だ!」

などと勘違いしてしまう人も多いのですが、これは本当は逆なんです。

上の方でも説明したように、女性は出会い系サイトで1日に数十通ものメッセージをもらうこともあります。

それも結構な頻度で、です。

そのメッセージに一々返信するのは無理なので、一般の女性は基本的に、返信を返す相手をプロフィールなどを見ながら厳選しているに過ぎないんです。

もし相手が業者であれば、ほぼ必ず何かしらのアクションがあります。

それが全く無いということは、少なくとも出会いの第一段階である「一般女性に対してメールを送れる」をクリアしているのと同義なんです。

なまじ業者たちがガンガン連絡をしてくるので勘違いしてしまうのですが、一般人しかいない出会い系では女性からの返信は中々もらえないものです。

その中でいかにして相手の女性の気を引くか、返信をもらえるようなメールを送れるかが勝敗を分けるのだと思ってください。

写真や連絡先など個人情報の交換に慎重

もう1つ、一般女性の大きな特徴として個人情報の交換に慎重という点があります。

なぜなら女性が出会い系でトラブルに巻き込まれる場合、多くの場合で男性よりも深刻な被害を被ってしまうからです。(ストーカーやレイプなど)

女性の立場になってそれを考えれば、少なくとも「相手が普通の男性だ」ということを確認するまでは写真も連絡先も交換したくないという気持ちが理解できると思います。

ですので、例えばファーストメールで急にLINEやメールアドレスなどを聞いてくるような軽薄な男性は一番警戒される傾向にあります。

また逆に、ファーストメールから連絡先を交換しようと言ってくる女性も普通なら存在しない訳です。

とはいえ、写真も連絡先も交換せずにずっとワクワクメール内でやりとりを続けるのもちょっと馬鹿らしいですよね。

なので目安としては、まずはメール10通以内にお互いの直接の連絡先を交換できるようにあなたから話を持ちかけてみましょう。

そしてもし連絡先の交換ができたなら、その後で写真の交換をお願いしてみれば良いんです。

もしも相手があなたに対して多少の好意を抱いているなら、これらの交換にも快く応じてくれるでしょう。

ちなみにこれらの交換に応じてくれなかった場合ですが、私はその時点で相手をブロックしてしまいます。

トラブルを恐れて慎重になる女性の気持ちも分かりますが、慎重過ぎる女性ってそれはそれで厄介で、その後の展開でもいちいち拒否が入るのでやりづらいんです。

もしあなたが勇気を出して「ラブホテル行こう」と言った時、相手の女性から「そんなつもりはなかった」とか「そんな人だと思わなかった」なんて言われたらどう思いますか?

テンションだだ下がりですよね?

慎重過ぎる女性は、事あるごとにNOを突きつけてくる傾向にあります。

なので私は一種の見極めとして「写真/連絡先の交換を拒否されたらブロック」という基準を設けているんです。

このノウハウは独自のものなのでぜひ参考にしてみてください。

業者がいるのは優良出会い系の証拠!?その理由とは

ハテナ黒板

世の多くの男性は

「業者のいない安全な出会い系サイトで出会いを見つけたい!」

と考えていることだと思います。

しかし、実はこれは全くの逆なんだって言ったらどうでしょうか?

むしろ業者がガンガン出入りしているような出会い系サイトやマッチングアプリでこそ、理想の出会いが見つけられるって言ったら、あなたは信じられますか?

「お前は何を都合の良いこと言ってるんだ」

そう感じる人もいるかもしれませんね。

しかしこれはれっきとした事実で、少なくとも現存する出会い系においてほとんどの場合でこの法則が成り立っているんです。

その理由ですが、まずワクワクメールのような出会い系は私たち一般のユーザー(=お客さん)に使ってもらうために広告を掲載したりして集客をしますよね?

すると人が多く集まり、ユーザーが課金することによって利益が出て、さらに集客したりサービスをアップデートしたりできるようになります。

ここまでは健全なサービスの運営の話です。

さて今度は業者側の視点で見てみましょう。

もしあなたが業者側の責任者、いわゆる大ボスだったとしたら、果たしてどんな出会い系に潜り込めばより多くのお金を稼げると思いますか?

答えは2つ、1ユーザーあたりの単価が高い高額出会い系に潜り込むか、単価が低くとも大量のユーザー相手に商売できる人気有名出会い系に潜り込むか、このどちらかです。

もうお分かりですよね?

ワクワクメールやその他優良な出会い系がきちんとしたサービスを提供しようとすればするほど、皮肉にも、まるで白砂糖に群がるアリの如く業者たちも集まってきてしまうんです。

ですので非常に逆説的ではあるのですが、知名度のある人気出会い系には必ず業者が入り込んでますし、業者が入り込もうと思えるぐらい一般ユーザーの多い出会い系でなら必ず理想の出会いも見つけることができるんです。

業者の見分け方が上手くなると女性からの返信がもらえなくなる?

こちらも多くの人が勘違いしやすいケースなのですが、プロフィールなどで業者の見分けがつくようになると、一時的に女性からの返信がもらえない時期というのが訪れます。

なぜなら、業者は大抵の場合において何かしらの返信やアクションをしてくれますが、一般女性は気になった相手にしか返事をしてくれないからです。

そのため業者の見分け方が上手くなってくると、それまでメールボックスを埋め尽くしていた業者からの営業メールが無くなります。

そして多くの出会い系初心者はメール文章が洗練されていないことがほとんどなので、一般の女性からも返事がもらえず、結果として「本当に誰からも返事が来ない」という状況に陥ってしまうんです。

見た目上の反応がなくなってしまうので、多くの男性ユーザーはここでモチベーションをなくして出会い系を退会してしまいます。

ですが!

これはきちんと業者を見分けて一般女性だけにアプローチできていることの裏返しで、言うなれば次なる段階へ進む時の成長痛みたいなものなんです。

なので、もしあなたがワクワクメールを使っていて誰からも返事が返ってこない状態になったら、一般女性と出会えるようになるまであと一歩のところまで来たのだと思って頑張りましょう!

ワクワクメールがサクラを使わない理由

さて、ここまでワクワクメールではサクラは存在しないという前提でお話しを進めてきました。

しかしなぜこうも自信を持って断言できるのか?

それには2つの決定的な理由があるからです。

ブランドイメージが悪くなる

ワクワクメールの創業は2001年、国内にある他の出会い系と比べても老舗に数えられる運営歴の長い出会い系サイトです。

もちろん知名度も高く、業界最大手の出会い系サイトのハッピーメールや人気のマッチングアプリであるPairs(ペアーズ)などとも並んで紹介されるぐらいの人気があります。

しかし、もしワクワクメールがサクラを使ったとして、今のネット社会でそれが外部に漏れないはずはありません。

「私さ、実はあの有名なワクワクメールでサクラ女性のアルバイトやってたんだよね」

そんな話が広まれば、10年単位で築き上げてきた優良出会い系サイト・アプリとしてのイメージが崩れてしまうでしょう。

もしあなたが経営や企業運営の素人だったとしても、それがどれだけ危険なことかは簡単に想像できるかと思います。

1~2年程度のキャリアなら惜しげもなく捨てることもできるでしょう。

しかしワクワクメールは、すでにそういう悪質な詐欺出会い系のような安易な稼ぎ方ができない規模の企業になっているのです。

ワクワクメールではサクラを雇っても利益が出ない

また、そもそもの話として、ワクワクメールでサクラを雇って稼ぐにはシステムの利用料金設定が低すぎるんです。

たとえば、サクラを時給1000円で雇い、そのサクラは1時間に30通メールをすることができると仮定します。

するとサクラによって得られる利益は 30通×50円=1500円 となります。(ワクワクメールのメール料金は1通50円。)

そこからサクラに支払うお給料1000円を引くと500円が残り、これが運営側の利益となる訳ですね。

ただしこれは粗利というやつで、ここからさらに税金やら施設の維持費やら何やらが引かれていき、結局はサクラを使ってもワクワクメールにはほとんど利益が残らないという計算結果が出ているんです。

出会い系といえどワクワクメールも一つの企業ですから、意味もなく利益にならないようなことを行ったりはしません。

つまりサクラを雇っても利益が出ないと分かっている時点で、サービスの品質を著しく落とすサクラを雇う理由がワクワクメールには存在しないんです!

ちなみに、上記の計算方法でサクラを使って利益を出そうとする場合、最低でもメール1通の料金を500円ぐらいに設定しないといけません。

なのでもしメール1通の料金が500円などの高額に設定されている出会い系を見つけた場合は、かなりの高確率で悪質な出会い系サイトですので登録してしまわないように注意してくださいね!

安全に使える出会い系サイト、マッチングアプリの条件

では、他にはどんなところに注目すれば悪質なサイトにひっかからずに、優良な出会い系サイトやマッチングアプリを見つけることができるのでしょうか?

それは以下の3つのポイントに注目してください。

  • インターネット異性紹介事業届が提出されている
  • 年齢確認がある
  • ユーザーファーストのサポート体制を完備している

インターネット異性紹介事業届が提出されている

まず、ワクワクメールのサイト、もしくはアプリを一番下までスクロールしてみましょう。

すると、以下の画像の様なワクワクメールの運営情報について記載されている箇所が出てきます。

ワクワクメール インターネット異性紹介事業届

この中にある「インターネット異性紹介事業届」に注目してください。

この「インターネット異性紹介事業届」は、インターネット上で男女が出会いを求めるサイトなどを立ち上げる時に提出しなければいけない書類です。

この事業届は所轄の警察署を通して各都道府県にある公安委員会に提出されます。

つまりこの事業届を提出し、受理されているサイトは警察によって厳しい管理を受け、法に則った正しい運営をしていることが保障されているのです。

この「インターネット異性紹介事業届」が提出されているかどうかに関しては、基本的にサイトやアプリの一番下に表記されていますので、気になるサイトは是非チェックしてみてくださいね。

年齢確認がある

ワクワクメール年齢確認画面

次にチェックするのは年齢確認があるかどうか、です。

先ほど説明した「インターネット異性紹介事業届」は、警察署で受理される際に18歳以下の未成年がサイトを利用できてしまわないかどうか、厳しいチェックを受けます。

これも法律で定められている義務であり、18歳以下の子どもが犯罪被害に遭うのを防ぐ目的があります。

ですので、登録の際にしっかりとした年齢確認があるサイトは安全性が高い出会い系サイトと言えるのです。

逆に言えば、年齢確認がない出会い系サイトは100%悪質なサイトなので、絶対に使ってしまわないように注意してくださいね!

年齢確認の際には、画像の様に運転免許証などの身分証明証などを撮影して送信する必要がある場合もあるため、中には

「個人情報が流出してしまわないか」

と心配する人もいるかと思います。

しかし、運転免許証などで年齢確認をする場合は以下の画像のように個人情報が判明する部分は隠して提出することができます。

出会い系 運転免許証 例

ですので、万が一にもあなたの個人情報が抜き取られてしまうといったことはありません。ご安心ください。

ユーザーファーストのサポート体制を完備している

最後にチェックするポイントは、サポート体制が完備されているかどうかです。

もちろん、基本的に安全な出会い系サイトやマッチングアプリにはサポート体制は備わっているかと思います。

ただし、安全性という点から見れば「24時間365日サポート」が整っている出会い系がおすすめです。

出会い系を使っていると、どうしても業者を含む様々なトラブルに巻き込まれやすくなります。

そんな時、いつでも相談できる窓口があると、やっぱり安心できますよね。

ちなみにワクワクメールでは24時間のメール問い合わせ窓口の他に、会員専用の電話での問い合わせ窓口も用意してくれています。

電話での問い合わせは10時~19時と昼間の時間帯だけなのですが、生身の人間が受け答えしてくれるので問題をスムーズに解決できます。

相手を疑い過ぎると損をするのはあなたかも!?

さて、ワクワクメールのサクラ、もとい業者の見分け方やその他安全対策について長々とご説明させていただきましたが、いかがでしたか?

あなたの役に立ててもらえそうですか?

もしそうなら、私としてもとても嬉しく思います。

そんな私からぜひ最後のアドバイスをさせてください。

それは、以前私が行ったアンケート調査で聞いた、ある女性ユーザーからのリアルな口コミです。

「せっかくいい雰囲気だと思ったのに、相手の男性にサクラだと疑われて冷めた」

(参考) 出会い系を使ったことがある女性44人に聞いた生々しい本音をガチ暴露!

これ、お分かりになりますでしょうか?

私も男性ですから、この女性とやりとりをしていた男性が過去に何度も業者やキャッシュバッカーのような存在に騙されて疑り深くなっているのは当然理解できます。

しかし疑い過ぎると、それはそれでせっかくの当たりクジを自ら破り捨てるのと同じになってしまうのですね。

どこまで疑うのか、そしてどこまで信じるのか、加減が難しいところだと思います。

ですが「イケる!」と思ったのなら疑わずに突き進むことも、ワクワクメールを120%楽しむためには必要なことだと覚えておいてください。

あなたに理想の出会いが訪れることを切に願い、陰ながら応援させていただきます。

がんばってくださいね!

ワクワクメール公式 初回無料サービスポイント付き登録はこちら!

おっぱいがおすすめする出会い系

おすすめ出会い系アプリ一覧はこちら、かわいい女の子と出会えるかも?