出会い系で結婚はできる?婚活を成功させるための4つのアドバイス

結婚 テディベア

男性からすると意外に思えるかもしれませんが、出会い系で出会った相手とだって純愛・真面目な恋愛はできますし、当然結婚だってすることができます。

出会い系サイトやアプリというと、男性の方は何となく遊びで付き合う相手を探す場所とか、セックス目的の相手(セフレ)を探す場所というイメージがあると思います。

まあ確かにそういうこともできるので、そのイメージはあながち間違いではありません。

しかし女性の側からすると、出会い系というのは遊び目的・体目的の人が多い場所という事実は知りつつも、その中で自分が好きになれる相手が見つかったら良いなと思う場所なのです。

ですので実際に出会ってみると、単に出会う場所が特殊だったというだけで、中身はどこにでもいる普通の女の子であることが殆どです。

だから、普通に恋人としてデートを重ねて、泣いたり笑ったり、そしていつかプロポーズをして結婚・ゴールイン……、といった純愛も楽しめると思います。

出会い系で婚活!結婚を目指すあなたのための4つのアドバイス

猫と鉛筆とノート

もしあなたが婚活に出会い系サイトやアプリを利用しようと考えているのなら、いくつかアドバイスがあるので聞いてください。

これらを知らずに出会い系を利用しても、きっとあなたが期待した通りの結果は得られない可能性が高いです。

婚活・結婚へ向けて① 最初はただの恋人から

出会い系は婚活サイトとは違い、比較的ライトでカジュアルな出会いを期待して登録してくる人が多いです。

そうなると、あなたの目的である婚活や結婚と相手の女性の目的との間に、著しい温度差が生じることがあります。

「まずは友達から」って考えてる女性にいきなり「結婚してくれ!」なんて言っても、ドン引きされる未来しか見えませんよね?そういうことです。

お互いに婚活が目的であれば問題ないのですが、そうでない場合は最初はただの恋人から始めた方が無難です。

早く結婚したいという気持ちも分かりますが、急がば回れとも言いますね。焦りは禁物です。

婚活・結婚へ向けて② 何人もの相手と出会おう

1つ目のアドバイスともちょっと被るのですが、結婚と恋愛は全くの別物です。

よくある言い回しですが、結婚は「死がふたりを分かつまで」といったものですが、恋愛は気分次第でいつでもくっついたり別れたりできるものです。

そして出会い系で期待できる出会いは主にその恋愛の方なんですね。

ですので出会い系で婚活をしていく中で、何人もの相手と出会いそして別れるのだと覚悟しておいてください。

まあアレな話ですが、婚活サイトと比べて出会い系の方がまともな恋愛を楽しめるはずですよ。

婚活サイトだとどうしても女性の側もギラついてるので、すぐに職業だ年収だ生活だとはっきり言ってウザったいです。

恋愛って、お互いがお互いにある程度無責任でいられますよね。気持ちだけで繋がっているっていうか。

どうせ結婚するなら本当に好きになれる相手と結婚したい、そう思うなら出会い系はベストチョイスです!

婚活ババア
※マジで婚活サイトにはこういうババアが多い!もうウンザリ!

婚活・結婚へ向けて③ 業者の罠に気をつけて

出会い系サイト・アプリには無料で入会登録できるものも多いです。

そのためか、運営側がいくら頑張って防いでも、風俗業者や詐欺業者のような望ましくないユーザーがサービス内に入り込んでしまいます。

風俗業者みたいにセックス体験をお金に変えようとしてるユーザーは見分けも付きやすいですし、引っかかってもせいぜい2~3万円失うだけなので比較的安全です。

しかし詐欺や勧誘などを目的としているユーザーは巧妙に私たちの心のスキマを狙ってくるので、そういう存在がいるという事前知識なしに出会い系を利用すればとんでもなく痛い目にあってしまうかもしれません。

これらの悪意のあるユーザーについては、こちらの記事で触れてますのでぜひご一読ください。

(参考) 確実に出会える出会い系サイト・アプリはどこですか?

婚活・結婚へ向けて④ ゴールが見えたら出会い系は卒業しよう

最後のアドバイスとして、出会えた相手とのゴールが見えたのなら、その時点で出会い系には二度とログインしないようにしましょう。

あなたが男性ならお分かりになると思いますが、正直な話、性の誘惑ってとてつもなく強いですよね。

私はどちらかと言えば誘惑に負けっぱなしで経験人数も素人の女性だけで50人を超えているヤリチンの部類なのですが、それでも本命の女性と付き合ってる時はなるべく出会い系のような刺激の強いサービスを利用しないようにしています。

やっぱり使うとヤッちゃうんで、色々と台無しにしてしまう可能性が非常に高いんですね。

ですので、大切にしたいと思える彼女ができたなら出会い系にはログインしない、そして婚約とか結納みたいにゴールインが現実として見えてきたのなら、使っていた出会い系からはそっと退会しましょう。

それがデキる男の潔さかなって思います!

出会い系で結婚したい、ちょっと事情のある女性

バツイチ 出会い

話は少し変わりますが、例えばバツイチやシングルマザーみたいな少し特別な事情の女性が、パートナーや結婚相手を探しに出会い系に登録してくることがあります。

こういった人は切実に相手を探していることが多いので、もしあなたが相手の事情を知った上でそれを許容することができるのならアプローチをかけてみるのもアリでしょう。

ちなみに私も一度、30歳でバツイチの女性から真剣に交際をしたいというアプローチを受けたことがあります。(上の写真の女性です。)

初回デートからセックスして、いい遊び相手を見つけたなーなんて思っていたところでそれだったのでちょっとびっくりしましたね。

残念ながら当時の私に結婚という意思も選択肢も無かったため、正直にそれを告げて諦めてもらったのですが、真面目な出会いを求めている女性もちゃんといるっていうことが分かった出来事でしたね。

出会い系で出会って結婚した場合、周りには何て言う?

幸せそうな家族

多分誰もが頭を悩ませるのが、もし結婚まで辿り着いたとして、周りの人には何て言い訳をしようかということだと思います。

ただ、最近ではインターネットを通じた出会いというのも男女共に抵抗が無くなってきていますから、お互いが本当に気が合ったのなら両親や周りには「お見合いサービスで出会った」のように説明し、気兼ねなく堂々と交際・結婚の報告をすれば良いと思います。

合コンならぬ「街コン」やら、就活をもじった「婚活」のような単語も一般的に浸透してますし、今や小学生ですらスマートフォンを持ってインターネットにアクセスしてくる時代です。

そんな現代では、結婚相手とはお見合いサービスで出会ったと言っても別におかしくも何ともないです。

ですので、結婚相手を探したいと思っているのであれば、ぜひ出会い系サイトも選択肢の1つに加えてみてください。

案外、身近では見つからなかった運命の相手に出会えてしまうかもしれませんよ?

管理人も10年以上使っている、おすすめの大手優良出会いアプリ紹介

以下は管理人である私自身が実際に使用しているおすすめの大手優良サイト・アプリです。

しかも、初回登録の方には年齢認証後にサービスポイントを付与してくれるので、運が良ければ無料で女の子と出会えてしまったりするかもしれませんよ!

ぜひチェックしてみてくださいね☆

ハッピーメール

ハッピーメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone/Android
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルな画面、機能のため、個人的には一番使いやすいと感じています。

初心者はもちろん、ベテランの方も、絶対にここは登録しておきましょう。はっきり言って鉄板、おすすめです!

登録ログインはこちら
>> ハッピーメール登録(初回登録サービスポイント付き)

ワクワクメール

ワクワクメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルながらも機能面では充実しており、またユーザーは比較的若い層が多いです。

伝言板と呼ばれる無料でメッセージを送れる機能もあるため、初心者の方が手始めに登録してみるにはもってこいかもしれませんね。

登録ログインはこちら
>> ワクワクメール登録(初回登録サービスポイント付き)

PCMAX

PCMAX(ピーシーマックス)

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone/Android
出会える度 ★★★★★(最高)

一般的な出会い系に比べると多機能なため、初めて使う人にはハードルが高いかもしれません。

しかしその反面、裏プロフィールやマジメールのような出会いに特化した機能もあるので、出会いやすさはピカイチです。

登録ログインはこちら
>> PCMAX登録(初回登録サービスポイント付き)

この記事が参考になったなら SNSで拡散 をお願いします☆

当サイトのおすすめコンテンツをぜひご覧ください☆

コメント、お問い合わせはお気軽にどうぞ

当サイトでご紹介しているおすすめ情報や記事へのコメント、また管理人へのお問い合わせについては、各記事のコメント欄からお気軽にどうぞ。

コメントを残す

このページの先頭へ