メモ機能を上手く使ってメール送信効率アップ

メール送信効率を上げるワンポイントテクニックです

プロフィール検索から女の子を探している時、以前メールを送ってフラれてしまった相手なのに、メールを送ったこと自体を忘れていて、またその女の子に二度も三度もアプローチをしてしまった、そんなことってありませんか?

この場合、以前に一度ダメだった訳ですから、二度目だろうが三度目だろうが当然のようにフラれる訳で、メール送信分のポイントは無駄になってしまうことがほとんどでしょう。

そこで今回は、ある機能を使ってこういった無駄なメール送信を防ぐ方法をお教えしましょう。

多くの出会い系サイト、出会い系アプリでは、一定期間を過ぎた過去のメールは履歴から削除されてしまうんですよね。あれ保存しとく設定とか入れて欲しいって個人的には思ってます。

目立たないけど結構便利、メモ機能

それはサイトのメモ機能を使って、相手のプロフィールにメモを残しながらアプローチをかけていく方法です。

以下の画像をご覧ください。

ハッピーメール メモ画面

こちらはWeb版ハッピーメールのメモ登録画面なのですが、250文字と結構長いメモを残すことができるのが分かると思います。

しかもこのメモは相手からは見ることができないため、完全に自分のためのメモとして使用することができるのですね。

例えば私の場合は、次のような場合にメモ機能を使って女の子のプロフィールにメモを残すようにしています。

  • プロフィール検索で見つけた女の子に対して、後で時間をかけてゆっくりメールを打ちたい時
    →「あとで」とメモを残す
  • こちらが送ったメールに対して既読スルーされた場合
    →「既読スルー」とメモを残す
  • メールのやり取りをして、連絡先の交換まで終えた場合
    →「完了」とメモを残す

たったこれだけでも、自分がどの相手にメールを送るつもりなのか、どの相手にメールを送ってどのような結果になったのかが一目で分かるようになりますよね。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、メモを残しておくだけでポイントの無駄遣いがかなり減ります!

メモを残せばマイリストから「メモを残した相手」を一括でチェックできる

プロフィール検索で気になった子がいた時、後からメッセージを送ろうとしてもまた探し出すのが大変ですよね。

女の子のプロフィールにメモを残していくと、マイリストにメモを残した相手のリストが出来ます。

プロフィールを見ながらメモを残し、後からリストをチェックすれば気になった女の子をすぐに見つけられるので、普通にプロフィール検索を利用するよりも効率的です。

1日に出会い系に割ける時間にも限りがあります、スキマ時間を利用して出会いを増やすためにもメモ機能を活用しない手はありません。

メモ機能の活用方法4つ

紙にメモを書く男性

メモ機能を使うことでポイントの無駄遣いを減らせることと、出会い活動を効率化できることをお伝えしましたが、もっと効果的な使い方があるんじゃないかとあなたはお思いかもしれませんね。

そこで、私が考えるメモ機能の活用方法を4つご提案させていただこうと思います。

1. 業者・サクラっぽいアカウントにメモをする

プロフィールだけでは分かりにくいことも多いですが、掲示板やメールの内容を見て業者・サクラっぽいと気づくことがありますよね。

あやしいと感じたアカウントにはメモにそのことを書いておきましょう。

長々とメモするのはめんどくさいので「業者」とか「サクラ」とか一言だけメモしておけば大丈夫です。

メモを残しておけば検索や掲示板で見た時にアイコンで分かるようになっているので、業者・サクラアカウントにそれ以上無駄なポイントを消費しないで済みます。

「プロフィールでだいたい分かるしメモ残さなくても良いでしょ」と考える方も多いですが、それはちょっと危険です。

業者・サクラは男性をだますために頻繁にプロフィールの内容を変更するので、あやしいと思った時にメモしておかないとすぐにどのアカウントが業者やサクラだったのかが分からなくなってしまいます。

出会えない女の子に何度もポイントを消費させられないために、メモを活用して注意しましょう。

2. 女の子から聞き出した情報を残す

女の子とメッセージのやり取りをしていると、少しずつ相手の情報が集まってくると思います。

聞いた情報の中で今後利用できそうはネタやプロフィール画面には書かれていないことは、メモ機能に残しておくと実際のデートで女の子を口説く時に有効です。

例えば誕生日・好きな食べ物・どんな仕事をしているかなど。

こういったネタをメモをしておくとデート前にサッと見直すだけで会話の内容を増やすことができますし、初めて会う相手でも話題に困りません。

それに女の子は「私の言ったことを覚えていてくれた」ことにとても弱いです。

とくに記念日・誕生日など日付に関係することを覚えてくれている男性に好感を持ちますので、メモ機能をフル活用すれば一気に他の男性ライバルとの差をつけることができます。

3. 会ってみたら正直微妙だった女の子を記録する

出会い系を利用していると、会ってみたらタイプじゃなかった……なんてこともあると思います。

そんな女の子と当たった時も、メモ機能にどこが微妙に感じたかを残しておきましょう。

「顔がタイプじゃなかった」「話がつまらない」「清潔感がない」「マグロだった」など、誰にも見られないので正直に。

何人もの女の子と会っていると相手がどんな感じの子だったか忘れがちです。

もしあなたと彼女が出会い系の中だけでメッセージのやり取りをしていて向こうからまた会いたいと言われた時などに、本当に会うか冷静に判断するためにも微妙だなと感じた女の子のことはしっかりとメモしておきましょう。

ぶっちゃけて私も一発しかセックスしなかった子なんてのは名前も顔もすっかり忘れてます(笑)

4. 残した記録を使って分析する

メモ機能に自分がアプローチをかけた相手を記録しておくことで、自分にとって落としやすい女の子や、逆に苦手な女の子の傾向とかも分析できます。

エクセルのような表計算ソフトを利用して、声をかけた女の子のタイプ・メールの傾向・連絡先交換にかかった日数などを集計すれば、自分専用の出会い系攻略表が完成です。

まぁ、それこそただメモを残すだけより何倍もめんどくさい作業になると思いますけど、私のように物好きな方でしたら一度試してみるのも面白いと思います。

今まで気づいていなかった好みのタイプを知るきっかけにもなりますよ。

メモ機能を利用して、より効率的に出会いを増やしましょう

一見地味なメモ機能ですが、上手く活用できれば大きな効果を期待出来ることが分かったのではないでしょうか。

このメモ機能の使い方のように、他人よりちょっとだけ何かを工夫するだけで女の子との出会いやすさが大分変わってきます。

より簡単に、より多くの女の子と出会うことが出来るように用意されている機能はフルに活用しましょう。

ぜひ色々試してみてくださいね☆

管理人も10年以上使っている、おすすめの大手優良出会いアプリ紹介

以下は管理人である私自身が実際に使用しているおすすめの大手優良サイト・アプリです。

しかも、初回登録の方には年齢認証後にサービスポイントを付与してくれるので、運が良ければ無料で女の子と出会えてしまったりするかもしれませんよ!

ぜひチェックしてみてくださいね☆

ハッピーメール

ハッピーメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone/Android
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルな画面、機能のため、個人的には一番使いやすいと感じています。

初心者はもちろん、ベテランの方も、絶対にここは登録しておきましょう。はっきり言って鉄板、おすすめです!

登録ログインはこちら
>> ハッピーメール登録(初回登録サービスポイント付き)

ワクワクメール

ワクワクメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルながらも機能面では充実しており、またユーザーは比較的若い層が多いです。

伝言板と呼ばれる無料でメッセージを送れる機能もあるため、初心者の方が手始めに登録してみるにはもってこいかもしれませんね。

登録ログインはこちら
>> ワクワクメール登録(初回登録サービスポイント付き)

PCMAX

PCMAX(ピーシーマックス)

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
専用スマホアプリ iPhone/Android
出会える度 ★★★★★(最高)

一般的な出会い系に比べると多機能なため、初めて使う人にはハードルが高いかもしれません。

しかしその反面、裏プロフィールやマジメールのような出会いに特化した機能もあるので、出会いやすさはピカイチです。

登録ログインはこちら
>> PCMAX登録(初回登録サービスポイント付き)

この記事が参考になったなら SNSで拡散 をお願いします☆

当サイトのおすすめコンテンツをぜひご覧ください☆

コメント、お問い合わせはお気軽にどうぞ

当サイトでご紹介しているおすすめ情報や記事へのコメント、また管理人へのお問い合わせについては、各記事のコメント欄からお気軽にどうぞ。

コメントを残す

このページの先頭へ