手っ取り早く最短で人妻と不倫する方法

サクサクっと人妻と不倫する方法を教えましょう!

人妻と不倫する方法

不倫という言葉の意味をインターネットで検索すると、次のように書いてあります。

倫理から外れたこと、人の道から外れたこと。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係を指して用いられる。(Wikipediaより引用)

つまり、不倫=人としてやってはいけないことというのが、近代社会の一般常識なのだということです。

ただ、やってはいけないと言われれば言われる程、それを体験してみたくなるのも人間の性ですよね。

ぶっちゃけた話、私自身、出会い系サイトなどを駆使して人妻と出会いまくって、旦那専用の物になったはずの穴を避妊もせずに犯しまくっている現状があります。

所詮、人の倫理観なんて、男も女もそう大して変わらないのです。

そんな自称出会い系不倫マスターである私が、人妻との不倫をしたいと思っている皆さんのために、手っ取り早く最短で人妻と不倫をする方法をお教えしましょう。


人妻と不倫する方法・前編 ~下準備はきっちりと~

何事も、物事には順序がありますよね。

当然、人妻と不倫する方法にもまず下準備をしっかりとしておく必要があります。

人妻と不倫をするためには、次の条件を一通りクリアしておきましょう。

  • 出会える出会い系サイトに登録する
  • 出会い系サイトのプロフィールを設定する
  • メールのテンプレートを用意する
  • 相手に合わせられるお金と時間を用意する

具体的には以下のような感じです。

人妻と不倫する方法、下準備① 出会える出会い系サイトに登録する

人妻と出会いたいのに、人妻がいない場所をウロウロしていても仕方がありませんよね?

人妻と不倫をしたいなら、確実に人妻がいる場所に赴く必要があります。

安全に不倫したい人が不倫相手を探す、見つける方法」にも書きましたが、一番手っ取り早いのが出会い系サイトを利用する方法です。

実際に私はこれら3サイトをヘビーローテーションすることで、人妻と不倫しまくっています。

また上記以外でも、当サイトの各種ランキングでおすすめしているサイトであればどこに登録しても一定数既婚の女性がいると思いますよ。

人妻と不倫する方法、下準備② 出会い系サイトのプロフィールを設定する

出会い系サイトに登録しただけで満足してはいけません。

出会いの確率を上げるために自身の自己紹介ともなるプロフィールを設定しましょう。

このプロフィールの設定ですが、ただ漠然と自己紹介をするだけでは実はダメで、あるコツが必要になってくるんですね。

出会い系プロフィールの基本的な書き方」や「人妻を落としやすい出会い系プロフィール設定のコツ」に、具体的なプロフィールの書き方や設定方法を記載してありますので、これから出会い系を始める人はもちろん、そうでない方も一度目を通しておいてください。

この設定をしっかりやるか否かで、人妻と出会える確率が数倍は違いますよ。

人妻と不倫する方法、下準備③ メール・掲示板のテンプレートを用意する

出会い系サイトにおいてのアプローチ方法は主にメールか掲示板による方法があります。

メールによるアプローチ方法には、自分の好みの相手に自由にコンタクトを取ることができるメリットがあります。

また、数多くの女性に直接アプローチができるため、比較的早期に望みの相手と出会うことができます。

デメリットとしては、メールによるアプローチにはコストがかかり、さらにはニーズの低い相手を釣り上げてしまう可能性がある点が挙げられます。

対して掲示板によるアプローチ方法は、最初から不倫に対してニーズの高い人妻を釣り上げられる可能性が高く、1日1回の無料書き込みルールなどを利用すればコストも押さえられます。

しかしメールと違ってどうしても「待ち」の時間が長くなる傾向があり、運が良くても半年に一人と出会えるかどうかという感じです。

このようにどちらの方法にも一長一短ありますが、共通して言えるのが文章のテンプレートを用意しておかなければ、効率良く不倫人妻を見つけることができないという点です。

メール・掲示板の使い方については「メールの書き方・使い方」と「掲示板の書き方・使い方」のカテゴリーにそれぞれ記事を載せていますので、参考にしながら自分に合ったテンプレートを模索してみてください。

人妻と不倫する方法、下準備④ 相手に合わせられるお金と時間を用意する

もしあなたが今独身で決まった彼女もいないのであれば、この条件はすでにクリアできていることでしょう。

そうではなく、あなたがすでに結婚していたり、独身だけれども彼女がいて同棲していたりするのなら、最も苦労する条件がこの「お金」と「時間」だと思います。

普通の出会いであれば、お互いがお互いに都合を合わせるべきなのですが、こと人妻との不倫となるとそうはいきません。

相手の旦那にバレないように、また自分の彼女や奥さんにもバレないように、慎重に逢瀬を繰り返さないといけないのです。

これは不倫マスターである私の感覚ですが、月に2回より多く不倫をしていると、相手や自分の家族に違和感を覚えられやすい気がしますね。

ですので、理想の不倫は月に1回、多くても2回までに留めておくようにしましょう。

人妻と不倫する方法・後編 ~人妻から女に戻す~

前編に書いたような下準備を終えたら、いよいよ人妻と不倫する方法の実践編に入っていきます。

  • 不倫ができそうな人妻を探す
  • 直アド・LINEの交換をする
  • 直接会ってお茶や食事などをする
  • 好意を伝え、不倫セックスを容認させる

これらの方法を順番に解説していきます。

人妻と不倫する方法、実践① 不倫ができそうな人妻を探す

まず不倫できそうな人妻を探すところからご説明しますね。

メールによるアプローチ方法を取るのならプロフィール検索で探すのが最も簡単で確実な方法です。

プロフィール検索で出会える相手を探すコツは「出会い系サイトのサクラ(=デリヘル業者)の見分け方」や「出会い系で出会える確率を3倍引き上げる方法」に書いてありますので、ここでの説明は割愛します。

対して、掲示板によるアプローチ方法の場合、メールと比べて少し難易度の高い方法で探さなければなりません。

例えば以下は悪い例です。

■タイトル
僕と不倫しませんか!?

■本文
こんにちは!掲示板を見てくれてありがとうございます!

突然ですけど、男に性欲があるように、女の子にだって性欲がありますよね。

特にすでに結婚されている人妻の方は、毎日の家事に追われるばかりで性欲を満足に解消できていないのではないでしょうか?

そこで、気分転換に僕と不倫してみませんか!?

旦那さんがあなたに注ぎ切れていない愛情を、代わりに僕に注がせてください!

この例の悪い点は、不倫しませんかと言われて不倫する人妻はあんまりいないというところを見落としている点です。

文章としては辻褄も合っていて読めるものになっているのですが、下心丸出しの内容になっているため、この掲示板に心惹かれる人妻はいないと思います。

そうではなく、次のようなタイトル(テーマ)で、結果的に人妻を釣り上げる方針に切り替えましょう。

■タイトル
家庭内でトラブルがあって、今少し疲れています

■本文
こんにちは、掲示板を見てくださってありがとうございます。

実はタイトルにも書いた通り、家庭内での妻の横暴っぷりに少し嫌気が差してきた自分がいます。

恥ずかしながら私よりも妻の方が収入が多い(私の年収500万、妻の年収650万)のですが、それを理由にして炊事や洗濯など、ほとんどの家事を私に押し付けているのです。

私も人並みに働いている身ですし、この歳で年収500万はけして少ない金額ではないと自負しています。

ですので、せめてもう少し、簡単な家事ぐらいは協力してくれないかと打診したところ、逆にヒステリーを起こされて怒鳴られてしまいました。

彼女のことを愛して結婚したはずなのに、今は何となくモヤモヤしたものが心の奥底に溜まっていて、そこから抜け出せない自分がいます。

もし今の私と同じような気持ち、感情を持っている方がいらっしゃいましたら、お互いに少し吐き出しませんか?

今は少し、共感できる人と繋がりたいです。

メッセージお待ちしてます、よろしくお願いします。

男としては少し情けない感じの文章となりましたが、要はこれって普通の主婦が受けている仕打ちを男性である自分も受けていると訴えているのです。

そして、これを見た人妻は「うちもそうなのよ!私の事を家政婦みたいに扱って、もう女として見てくれない!」のように勝手に共感してくれるのです。

強く共感すればするほど、二人の気持ちは親密なものになっていきますから、不倫まで辿り着く可能性も高くなっていくことでしょう。

人妻と不倫する方法、実践② 直アド・LINEの交換をする

実践①で不倫のニーズの高そうな人妻を見つけることができたら、なるべく早い段階で直アドやLINEなど直接の連絡手段に切り替えるようにしましょう。

連絡先の交換方法については「出会い系で超絶スマートに直アド・LINEの交換をする方法」で解説してあります。

なお、たまに「怖いから」と理由を付けて直アドやLINEの交換をしてくれない人がいますが、こういう人はハッキリ言って無理目なのでここで切り捨てましょう。

何故なら、直アド・LINEの交換程度でごねている相手は、不倫を持ちかけた段階でも確実にごねてきます。

ごねる相手を説得するのもめんどくさいですし、今回のテーマは「手っ取り早く最短で人妻と不倫する」ですので、こういうめんどくさい人はそこでバッサリ捨ててしまいましょう。

人妻と不倫する方法、実践③ 直接会ってお茶や食事などをする

連絡先の交換まで行ったなら目標まであと少しです。

ある程度メールのやり取りを続けたら、お茶や食事に誘ってみましょう。

相手によってはすぐに誘ってOKが貰える場合もあれば、一週間ぐらいメールのやり取りを続けないとOKを出してくれない場合もあります。

ただ、結局これってどちらを選んでも一長一短ある気がするので、その場のノリで切り出せば良いと思います。

ちなみに私は連絡先の交換をしたその日に「もし良ければ、近いうちにお茶に誘われてくれないかな?」のように打診します。

この時の気分は、社交的なダンスパーティーの会場で「マダム、私と踊っていただけませんか?」と声を掛ける英国紳士ですね。

こういうニュアンスで伝えると、相手がOKを出すかどうかは別として、大抵の人は悪い顔をしません。

人妻と不倫する方法、実践④ 好意を伝え、不倫セックスを容認させる

もしも実際に会うところまでクリアしたならば、不倫成功は目前と言えるでしょう。

「こういうことを言うと誤解されそうだけど、笑顔が可愛くて素敵だった」とか「この間着てたワンピース、とてもよく似合ってた」などと、相手に自分の好意が見え隠れするようなメールを送ってみましょう。

相手は人妻ですが、人妻である前に一人の女です。

ですので、男から「可愛い」とか「キレイだ」と褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

そうしてやり取りをしている内に、人妻の方も自然とあなたという存在にトキメキを感じるようになるでしょう。

そうなれば、後はラブホテルに誘って、彼女が人妻であることを忘れさせてあげるだけです。

※この辺りのメールのテクニックや方法については、「人妻を不倫に誘う悪魔のメール術」をご覧になってください。

ただし、不倫にはリスクも付き物だということをお忘れなく

不倫 人妻 慰謝料

さて、手っ取り早く最短で人妻と不倫をする方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

最後に一つだけ付け加えるなら、不倫という行為にはやはり相応のリスクが付きまといます。

相手の旦那や、自分の奥さんにそれがバレれば、確実に数百万以上の金銭を要求されることでしょうし、場合によっては再起不能なぐらいに、社会的にめった打ちにされてしまう可能性もあります。

ですので、できることなら一人の相手との不倫関係は半年ぐらいで終わらせるようにしましょう。

それ以上続けると、思わずどちらかが本気になってしまったり、または自分たち以外の誰かに二人の関係が感付かれてしまったりします。

所詮不倫は不倫、一時の遊びなのだと割り切って行為に及ぶようにしましょう。

これらの方法を、ぜひ皆さんのセックスライフにお役立ていただければ幸いです。


>> 管理人もガンガン使っている!本当に出会える出会い系サイトランキングはこちら
優良出会い系ネット口コミランキング

管理人も使っている、おすすめの大手優良サイト紹介

以下は管理人である私自身が実際に使用しているおすすめの大手優良サイトです。

しかも、初回登録の方には年齢認証後にサービスポイントを付与してくれるので、運が良ければ無料で女の子と出会えてしまったりするかもしれませんよ!

ぜひチェックしてみてくださいね☆

PC☆MAX

PC☆MAX

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
出会える度 ★★★★★(最高)

一般的な出会い系に比べると多機能なため、初めて使う人にはハードルが高いかもしれません。

しかし登録ユーザーにはギャルやメンヘラ系の子が多く、裏プロフィールやマジメールのような出会いに特化した機能もあるので、出会いやすさはNo.1です。

>> PC☆MAXの基本情報を見る

ワクワクメール

ワクワクメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルながらも機能面では充実しており、またユーザーは比較的若い層が多いです。

伝言板と呼ばれる無料でメッセージを送れる機能もあるため、初心者の方が手始めに登録してみるにはもってこいかもしれませんね。

>> ワクワクメールの基本情報を見る

ハッピーメール

ハッピーメール

登録料金 男女共に無料
料金制度 ポイント制(前払い)
連絡先交換 可能、文字化けなし
サポート体制 電話、メール(24時間)
迷惑メールなど なし、快適
出会える度 ★★★★★(最高)

シンプルな画面、機能のため、個人的には一番使いやすいと感じています。

初心者はもちろん、ベテランの方も、絶対にここは登録しておきましょう。はっきり言って鉄板です。

>> ハッピーメールの基本情報を見る

コメント、お問い合わせはお気軽にどうぞ

当サイトでご紹介しているおすすめ情報や記事へのコメント、また管理人へのお問い合わせについては、各記事のコメント欄またはお問い合わせメールフォームからお気軽にどうぞ。

コメントを残す

このページの先頭へ